普段の何気ない事や関心のある物について書いています

hisa’s 日常のブログ

野球

松坂大輔の中日移籍の可能性は?年俸や契約金など契約内容も

更新日:

みなさんこんばんは

いかがお過ごしでしょうか?

今回は松坂大輔投手が中日に移籍するかも?というニュースが報道されましたので、それについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

中日に移籍?

これはビックリしました!とは言えまだ決まっていませんが、中日と言うのは全くのノーマークでした

これまで、独立リーグか海外(台湾、韓国)で投げるのかなと思いましたが、なんでなんで中日が手を挙げたと

これまで中日の白井文吾オーナーは中日移籍報道に関して否定的な意見を言っていましたし

「賞味期限切れ」とまで言い放って心無い発言をしていた

が、これこそ、手のひら返しと言うやつで松坂獲得に一転GOサインをしました

白井オーナー「どこも痛くないのが客観的に分かれば検討しょうじゃないか」と

ん??こんな功労者に対してなんて態度を

 

「動画」熱闘甲子園 高校時代の松坂大輔と杉内俊哉

 

なぜ中日からオファー?

なぜ中日から獲得意思が来たのかと言うと、松阪大輔が各球団に「格安」条件で売り込みをかけていた

そこに中日が食いついた??

中日の監督は横浜高から西武に入団した99年に2軍投手コーチだったのが森繁和監督。

チームメートとして兄貴分だったのが友利結 国際渉外担当。

さらに、かつての女房役も・・このオフに育成コーチから転身した小山良男スカウト

高校時代は松坂とのバッテリーで98年に甲子園で春夏連覇。

現場ではないとはいえ、同級生が球団内にいることは心強いし、松坂の身体を何より知っているので獲得するに対して正確な情報が得られると思う。

しかも森監督らからすれば「かつての同僚」を見過ごす、見殺すわけにはいかない、「花道は俺が作る」と考えてもおかしくないかなと思います。その点かつて在籍していた西武ライオンズは冷たいなと・・

ポスティングシステムで西武からレッドソックスに移籍した際に当時60億円もの金額を西武に潤わせたというのに、花道さえも作らない・・いろいろ事情はあると思いますが

まあ個人的には松坂獲得は賛成です。なぜならば松坂ブランド+ファンが集まる=集客が見込めて球団が潤うと思いますので。(グッズ販売など)

もちろん戦力としても考えています(松阪大輔の状態をビデオチェック⇒OK)

これまで中日は「不人気」球団になってしまいましたから、ちなみに5年連続Bクラス・・

松坂が来れば絶対お客さんは入ります。球団の営業としては欲しいところ

それに過去の経験から若手に色々なアドバイスを現場サイドで分かりやすく伝達できると思います

後は松阪大輔が1軍で登板できればの話なのですが、そこは未知数

なので中日サイドは松坂入団に対して「テスト」をすると

2018年1月下旬にナゴヤ球場でテストを行うと発表した。

森繁和監督ら現場スタッフ、編成部幹部が立ち会って実施する。

森監督は「まず見てから。自分の目で見て、投げられるか。1月に判断する」とコメント

松坂は「チャンスをいただき感謝しています。テストに向けてしっかりと準備していきます」とコメント

ぜひ中日とガチの「トライアウト」を受けて合格してほしい!

とは言えかつての剛腕の面影はなく、ストレートの速球は140km/h前後がせいぜいですが

球のキレ、伸び、バッターの手元での変化球の具合など「ニュータイプ」松坂大輔の誕生なるか期待です

スポンサーリンク

移籍金や契約内容は?

移籍金ですが、松坂サイドは「バーゲンセール」で打診しています

その額なんと2000万円強ほど

以前レッドソックスでの全盛期には1000万ドル(当時約12億円)を超える年俸だったが

松坂にとって約50分の1の金額

でも松坂にとっては銭金の問題ではない⇒「一人の野球人として、最後のチャンス」

これには壮絶な決意が伝わってくる逆指名ですね!

もちろん、結果を残せば、松坂のプライドを傷つけないようなインセンティブ(出来高)はついて来るとは思いますが・・

超ビッグネームの松坂が、約2000万円強で獲得できるのならば、

  • 球団にリスクなし
  • 人気面も含めて復活の可能性に賭ける魅力は十分
  • グッズ販売らで簡単にペイできる
  • 不人気球団払拭
  • 集客力十分

ちなみに中日球団マスコットのドアラは松阪大輔の獲得にはノーコメントですが・・

まとめ

かつて日本とメジャーで活躍した大エースの松坂大輔ですが、現役の残り時間が近づいています

が中日が救いの手を差し伸べてテストの評価が良ければ入団と言う、松坂大輔はホントに良い星の下に生まれたんですね。

元巨人の村田修一はまだどこにも救いの手が来ていません(お互いに同級生)

これまで日本プロ野球界の功労者ですので何とかテスト合格してほしいのですが、プロの世界は厳しく残酷です。

「結果がすべて」の世界なので、最後に1軍で1球でもいいから投げてほしい。そう思います

日本人の中には40歳を超えてもまだ頑張っている選手がいます(イチロー、上原浩治)

かつての輝きをほんの1ミリでもいいから見せてほしい、そんな期待をしています

ガンバレ!松坂大輔‼

 

おわり

スポンサーリンク

-野球

Copyright© hisa’s 日常のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。