普段の何気ない事や関心のある物について書いています

hisa’s 日常のブログ

芸能

黒柳徹子の伝説のエピソードを披露!若い頃の写真が満島ひかり似です

投稿日:

ルールル♪ルルルルールル♪

徹子の部屋のオープニングテーマ曲はずっと記憶に残りますね

そんな今でも現役で活躍されているマルチタレントの黒柳徹子さんの伝説のエピソードや

若い頃の写真が満島ひかり似と言う噂があります

それぞれ検証していきたいと思います

スポンサーリンク

プロフィール

黒柳徹子:くろやなぎ てつこ

生年月日:、1933年(昭和8年)8月9日

愛称:トットちゃん、チャック

出身:東京都港区乃木坂

血液型:A型

職業:女優、マルチタレント、声優、司会者、エッセイスト

日本でのテレビ誕生と同時に生まれたテレビタレントの先駆

長年にわたり第一線で活躍し、現在に至るまで唯一テレビ番組のレギュラーを継続して持ち続ける

テレビ放送史を代表する芸能人の1人

テレビ朝日『徹子の部屋』の司会や、累計800万部を記録し、戦後最大のベストセラーとなっている『窓ぎわのトットちゃん』の著者、ユニセフ親善大使として知られる

同一司会者によるトーク番組の最多放送世界記録保持者として、記録更新中

「徹子の部屋」は1976年2月2日から、2018年現在、放送43年目を数える長寿番組で、黒柳徹子司会の冠番組

黒柳徹子の伝説のエピソードを披露

とても個性的な黒柳徹子の伝説のエピソードは、軽く掘り出しただけでもザクザクでてきそうですね

その中でも個人的に気になったものを紹介します

女性週刊誌・ファッション雑誌「anan」の名付け親

創刊当時モスクワ動物園で飼育されていたパンダの名で、パンダ好きで有名な黒柳徹子によって名付けられました

実際に、創刊当初の表紙にはパンダのマークが描かれていたそうです

テレフォンショッキング独壇場

1984年3月14日放送のフジテレビ系列『笑っていいとも!』の名物コーナー「テレフォンショッキング」に出演した際に、“43分間しゃべり続ける”という伝説を残した

放送時間が無くなり、「テレフォンショッキング」の後に予定されていたレギュラーコーナー二つのうち一つを潰さなければならなくなり

双方の司会担当者がじゃんけんをして、潰す方を決める

2005年12月16日に21年ぶりに登場し、またも放送時間内で39分間しゃべり続ける

2011年7月25日にも出演したが、普通のゲストよりやや長い時間程度で終了

ペリー来航

『徹子の部屋』で、ゴリエから「黒柳さんはペリーの黒船来航の際に通訳を買って出たというのは本当ですか?」

と質問された時にも、黒柳はこれを否定せず、自分でも黒船を見たような気がしているとユーモラスに答える・・誰も太刀打ちできません。

芸人殺し

お笑い芸人がゲストの時には、芸人がネタを見せた際「おもしろい!」と一人喜んでいつまでも出演した芸人のネタの披露をやめさせない

またゲストがトークに入る前に開口一番「今日は何か面白いネタを披露して下さるんですって?」とわざとトークのハードルを引き上げる

まさに芸人殺し

ミスターにも絡む

ミスター長嶋茂雄氏に対し黒柳徹子は

「あの、野球はお好きですか?」

ミスター「僕は大好きです」

徹子「やっぱり一番はご自分がプレーなさるのがお好きですか?」

ミスター「・・う~ん、根底はやっぱり、バッテリーを挟んで9人いるわけでしょ。9対1で勝負するわけですよね…」

徹子「バッテリーって何ですか?」

ミスター「・・(バッテリーは)ピッチャーとキャッチャー、ですよね」

などなど、ミスターにいろいろ絡んでいました

400勝投手の金田正一にも絡む

金田「「国鉄(スワローズ、当時)の金田です」

徹子「どちらの駅にお勤めですか?」

金田「・・・・」

野球関係者殺し

「どうしてここで監督はホームランのサインを出さないのかしらと思った」

「サヨナラホームランを打ったのに引退しないのはどうして」、

「野球の審判って大変ですよね。投手の投げた球をバッターが打ったら一塁まで走って行かなきゃならないんですよね」

恐るべし黒柳徹子・・右に出る者はいない

スポンサーリンク

若い頃の写真が満島ひかり似

黒柳徹子の若い頃の写真を観ると、とても綺麗ですよね

そして、徹子の若い頃の写真が現在女優の満島ひかりに似ているという

とはいってもこれは、満島ひかりが黒柳徹子の半生を描いた「トットてれび」の黒柳徹子役を演じて、その姿が乗り移ったみたいに激似と!

オファーも2度断ったが、黒柳本人から「満島さんに演じてほしい」と指名され、出演を決意したといいます

昔の黒柳徹子

 

黒柳徹子役 満島ひかり

 

やっぱり似てますね!黒柳徹子がオファーを出すわけですね

まとめ

伝説の黒柳徹子エピソードはとんでもない物ばかりですね

あのミスターさえも困り顔・・

そんな黒柳徹子もNHK放送劇団の俳優募集の広告に応募して約6,000人の応募者の中から、第6次までの審査を経て、3人の劇団員の1人として選ばれる程の才能の持ち主です

普通では選ばれません

さらには『徹子の部屋』が放送回数通算10000回越え、ユニセフ(国際連合児童基金)親善大使として現在でも精力的に活動しています

また、黒柳徹子と満島ひかりは似ているという事も今回わかりましたね

若い頃の黒柳徹子は満島ひかりと顔のパーツが一緒という結果です

ホントよく似てるな

もっともっとぶっ飛んだ事も披露してほしいですが、高齢ですから、くれぐれもお身体には気を付けていただきたいです

おわり

スポンサーリンク

-芸能

Copyright© hisa’s 日常のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。