普段の何気ない事や関心のある物について書いています

hisa’s 日常のブログ

サッカー

サッカー日本代表ハリルホジッチ監督の解任の理由は?海外の評価は?

投稿日:

ワールドカップを約2ヶ月後に控えた4月9日、日本サッカー協会からハリルホジッチ監督の解任が発表されました。

まさかのタイミングに日本のみならず、世界中が驚きましたね。

そこで、ハリルホジッチ監督の解任の理由、海外の評価について、ちょっとばかし詳しい?私が少し書かせてもらいます。

ハリルホジッチ監督の解任の理由は?

まず、ハリルホジッチ監督の解任の理由についてです。

世間では代表のメンバーが日本代表やサッカー協会が推しているメンバーと違う。と言うことなどが言われています。

様々な意見や見方があるとは思いますが、日本サッカー協会が説明した大きな理由としては、

監督と選手との信頼関係が無く、このままワールドカップに臨むよりも監督を交代した方が

勝つ確率が高まる

ということでした。

実際に日本代表の選手間で監督への不信感があったとも噂されています。

マリ代表、ウクライナ代表に2連敗したベルギー遠征後に不信感を募らせたサッカー協会が一部の選手たちに聞き取りを実施したとのことです。

その聞き取りの結果、ハリルホジッチ監督の解任を決めて、西野新監督に監督の要請をしたとされています。

ハリルホジッチの進めている縦への素早い攻撃だけを強調するやり方に古株の選手の中で疑問や不満を抱く選手がいました

縦への攻撃だけでなく、ピッチの中で状況に応じて柔軟にプレーを選択した方がいいと監督に相談してもダメだとハッキリ断られるなどしていた。

ハリルホジッチ監督はこのような情報を報道で目にすると、内部の事は内部で解決しろ。と、記者会見で選手達を批判し、選手達に釘を刺していたようです。

それに委縮した若手選手が、愚直に監督の指示に従うと、今度は若手の選手達と古株の選手達の間にぎくしゃくした空気が流れることも・・

そのようなことも、ハリルホジッチ監督の解任に繋がったのかも知れません。

個人の意見としては、EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017で、日本が韓国に1-4で敗れた試合がありましたが

その試合は散々たるもの・・まったく日本の良さが見られない、挙句の果てには、ハリルホジッチが

「韓国の方が強いのは分かっていた」と言う発言をしていたのにすごく違和感を覚えたのを記憶しています

この時に解任しても良かったのかな?と思いましたね

スポンサーリンク

海外の評価は?

ハリルホジッチとドログバ

ハリルホジッチ監督は前回のワールドカップでアルジェリアを率いてベスト16に入り、その大会のチャンピオンであるドイツと接戦を演じるなど素晴らしい手腕を披露しました。

そのこともあり、海外からも評価されている監督です。

そんな監督がワールドカップ約2か月前に突然解任されたと報道され、様々な声が上がりました。

特にハリルホジッチ監督と縁の深いフランス語圏では大きな反応がありました。

・親善試合の意味を日本サッカー協会は理解していない。

・日本サッカー協会は無慈悲だ。

・解任には賛成だが、ワールドカップ2ヶ月前の判断はとても愚かな判断だ。

・ハリルホジッチは2010年にもワールドカップ直前でコートジボワール代表の監督を解任されたことがあるよ。

・ハリルホジッチに関する日本の盛り上がりを理解できていなかった。解任はいい判断だよ。

など、賛否両論とても多くの意見がありました。

本当に日本のみならず、世界中から色んな意見が上がっています

無謀か、英断か・・始まってみないと分からない

早くもアルジェリアとかエジプトから監督のオファーと言う話もチラホラ

それほど引く手あまたなのですね

相手の長所を消しカウンターを仕掛けるハリル戦術は海外では評価されています

日本では・・馴染まなかったですね

まとめ

ハリルホジッチ監督の解任の理由は、選手達、サッカー協会から不信感を募らせていたことが大きな理由として、あったようです。

ようはコミュニケーション不足!

解任に関して、日本のみならず世界中から賛否両論様々な意見が上がっています。

本当に本当に色々な情報、意見が溢れています。

しかし、1番重要なのは、まず目先のワールドカップに集中することですね!

もうサッカー協会が決断を下し、日本代表も進み始めます。

これを理解し、少しでもその力になれるように行動していくことが必要なのではないか?と感じます。

おわり

スポンサーリンク

-サッカー

Copyright© hisa’s 日常のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。