普段の何気ない事や関心のある物について書いています

hisa’s 日常のブログ

サッカー

ロシアW杯日本対セネガル戦のキーマンは?攻略法はある?

投稿日:

ロシアW杯のグループリーグ第2戦!

第1戦で勝ったとしても、負けたとしても、引き分けたとしても、この第2戦での結果次第では敗退もあり得るし、決勝トーナメントへの進出もあり得る。

そんな、とても大事な試合になります。

セネガル代表と言えば、日韓合同で開催された2002年のW杯で日本でも試合をしていたので、その時のことなどを覚えている人も多いのではないでしょうか!

少しネタが古すぎましたかね・・・?苦笑

しかし、そんな当時世界でもスター選手だったディウフ選手を擁した2002年のW杯のセネガル代表よりも強いとされているのが、今のセネガル代表です!

実際に世界で活躍する選手も多いセネガル代表!そんなセネガル代表を倒すためのキーマンは誰でしょうか!

どんな戦い方をすればいいのでしょうか!日本が勝つために攻略法を考えます

スポンサーリンク

ロシアW杯日本対セネガル戦のキーマンは?

まず、セネガル代表はどんなチームなんでしょうか!

絶対的エースであるサディオ・マネ選手がいます!

マネ選手はプレミアリーグのリヴァプールでレギュラーとして活躍するアタッカーです。

調子に波はありますが、マネ選手が絶好調の時は世界トップクラスのDFでも止められないほど凄いスピードとキレで、相手をきりきり舞いにさせる選手です。

まず、このサディオ・マネがキーマン。ここを何とかしなければ非常に厳しい状況になります

そんなマネ選手と、昨シーズンセリエAで16点を取ったケイタ・バルデ選手が両ウイングを務めます!

ケイタ選手は背が高く、豪快なドリブル突破を得意としています。

また、ドリブル突破からの両足のシュート精度が高く、クロスでチャンスも演出することが出来ますね!

ケイタ選手はマネ選手に匹敵する実力、破壊力を持っているので両サイドとも注意が必要です!

そんなサイド攻撃とともにセネガル代表には世界でも圧倒的な武器があります。

それはセットプレーです!!!

フィジカルの強いFWは勿論!

195センチのDFクリバリー選手、192センチのMFエンドイェ選手、同じくMFのサネ選手が196センチ・・・。

非常に長身で身体が強い選手が揃います!

この他の選手にも180オーバーの選手が何人もいるので、注意が必要です。

日本は自陣ゴールから近い位置でのフリーキックやコーナーキックの場面を作りたくないので、やはりサイドの攻防が重要になって来ます!

そこで、日本のキーマンは両サイドバック!ということになります!!

まだメンバーも発表されていませんが、右サイドバックに酒井宏樹選手、左サイドバックに長友佑都選手。

2人だと仮定して話をしていきます!

どちらとも、フィジカルが強く、守備力があって、オーバーラップから攻撃参加も出来る選手です!

そんな酒井選手、長友選手がケイタ選手、マネ選手を抑えることが出来れば日本の勝利はグッと近付きます。

そして、抑えるだけでなく、酒井選手、長友選手が攻撃参加を繰り返すことでケイタ選手とマネ選手も守備をせざるを得ないので、ポジションが低くなります。

そうすると日本のゴールからケイタ選手、マネ選手は遠ざかるので効果的になります!

攻守両面で、酒井選手、長友選手の活躍を期待しましょう!!

スポンサーリンク

 

攻略法はある?

 

セネガル代表はイタリア国内でも、セリエA屈指のDFと称される屈強なDFクリバリー選手を中心にアフリカの最終予選を3失点で切り抜けました。

90分間ハードワークするチームであることもチームの強みです!

しかし、欧州や南米のトップのチームと比べると、やはり守備の雑な部分や組織として守備が出来ていない部分が目立ちます。

セネガル代表がボールを奪われてカウンターされている時には、組織的ではなく、個人個人で相手を止めに行く傾向があります。

そのような場面で日本のアタッカー陣が1人相手選手をかわすことが出来れば一気にチャンスになります!

原口選手、乾選手、久保選手などドリブルの能力が高い選手が日本には多く揃うので、個人での突破も必要ですが、

そこに上でも述べたサイドバックのオーバーラップなどで局面を打開出来ればチャンスがたくさん作れるでしょう!

サイドバックだけでなく中盤の選手が絡んでいくのもとても効果的ではないでしょうか!

まとめ

セネガルのキーマンは、サディオ・マネ

この選手を抑えるられるかどうかで展開が決まってきますね

そしてセネガルのセットプレーにも要注意

そんなセネガルにどう戦えばいいか

組織的とはいえアフリカの選手、ヨーロッパと比べるとディフェンスがやや雑なところがあります

そこを付いていけば、日本にもチャンスが生まれると思います

少しずつディフェンスのズレが出てくれば、試合中の修正は不可能でしょう

また西野監督は、日本代表はコレクティヴなサッカーをするべきだと言っています。

圧倒的身体能力を誇るセネガル代表ですが、攻撃、守備様々な面で組織的に戦うことが出来れば必ず勝てるはずです!

第1戦のコロンビア戦で勝利して、第2戦のセネガル戦でも勝利して、早めに決勝トーナメント進出を決めて欲しいです!
(他チームの成績にもよりますが・・・。)

セネガルの両サイドとセットプレーは世界でも屈指なので、この試合に勝利して大会中にも選手の方達には成長してもらってどんどん上に行って欲しいです!!

今からこの第2戦がどうなるかかなり楽しみです!!!

おわり

スポンサーリンク

-サッカー

Copyright© hisa’s 日常のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。