日本と海外のボクシング世界戦を中心に年間約300試合をチェックしている、竹原・畑山世代の40代サラリーマンが、「パウンドフォーパウンド対決を見るのが好き」「誰が一番強いのかを比べるのが好き」「井上尚弥が好き」…などなど、とにかくボクシングが好き!という方たちと一緒に、ボクシングの魅力や楽しさを共有するサイトです。

コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト

比嘉大吾

比嘉大吾が地元沖縄で防衛戦!背中の秘密や海外の反応は?

更新日:

「沖縄のKOキング」「和製ローマンゴンサレス」

比嘉大吾が2月4日、WBC世界フライ級タイトルマッチを地元沖縄で2度目の防衛戦を行います

また具志堅用高が沖縄で敗れて以来、37年ぶりの沖縄での試合で大変盛り上がっていますね

比嘉大吾といえばあの大きな背中が特徴なのでその秘密や、海外の反応も調べたいと思います

スポンサーリンク

プロフィール

比嘉 大吾(ひが だいご)

生年月日:1995年8月9日

階級:フライ級

身長:160.1㎝ リーチ:164㎝

出身:沖縄県浦添氏

所属ジム:白井・具志堅スポーツジム

戦績:14戦14勝14KO

ボクシング漫画「はじめの一歩」の主人公「幕の内一歩」をリアルで行く”リアル幕の内一歩”と言われる

(全試合全KO勝ちのため)

白井・具志堅スポーツジムの具志堅用高会長が比嘉大吾をスカウトしてジムに入会

地元沖縄で防衛戦

比嘉大吾が2度目の防衛戦を早くも地元沖縄で開催します

対戦相手は、フライ級10位のイセス・フエンテス(メキシコ) フジテレビで20時から放送

このイセス・フエンテスは30歳(25勝14KO4敗1分)

WBOミニマム級、WBO・L・フライ級(暫定)で2階級を制したメキシコの実力者です

昨年12月、田中恒成(畑中)とのWBO世界L・フライ級王座決定戦ではいいところなく敗れたが、軽量級の実力者であることは間違いないので注意が必要です

 

それにしても沖縄県民にとってはとても嬉しい事ですね!

その人気も相まってチケットはなんと「10分で完売」したそうです

そりゃそうですよね!地元沖縄で37年ぶりに開催される世界戦ですから

しかもあの具志堅用高以来の沖縄で防衛戦ですから

出身地の浦添市では市役所がパブリックビューイングを予定するなど盛り上がりを見せています

まるでサッカーWカップの日本代表の試合みたいですね

しかもこの試合が日本記録に並ぶ15戦連続KO勝利がかかっていますからプレッシャーもあると思いますが、

比嘉大吾は「しっかりKOで勝つ。必ず前半でやります」と気合十分です

連続KO日本記録

日本記録・・・15連続KO勝利
1985年-浜田剛史(帝拳)
2007年-牛若丸あきべぇ(協栄)

元WBC世界スーパー・ライト級王者・浜田剛史が1980年2月から1985年4月まで負け知らずで15連続KO勝利を記録した。この間、無効試合が1試合あった

2007年9月には日本ウェルター級1位の牛若丸あきべぇ(協栄)が15連続KO勝利を達成

ここに比嘉大吾の名前が載るのでしょうかね?

ちなみに世界の連続KO記録は、ラマー・クラーク(米国)の「44連続KO勝利・・」

しかし、一晩に6人と対戦したり、レスラーや町の力自慢と対戦したりと、中味の濃さに大いに問題が残る結果です。。

対照的に価値のあるのが、ウィルフレド・ゴメス(プエルトリコ)の31連続KO勝ちです

これは74年から81年にかけて記録されたもので、17度の世界戦(スーパー・バンタム級)を含んだ数字である。

ゴメスは後に3階級制覇を成し遂げており、実力で樹立した記録といえますね

ちなみに、マイク・タイソンは19連続KO

世界戦での連続KO記録は

現在「パウンドフォーパウンド」1位に君臨している”GGG”ゲンナジー・ゴロフキンは17連続KO (世界戦です)

ウィルフレド・ゴメス 17連続KO (世界戦です)

スポンサーリンク

背中の秘密や海外の反応は?

比嘉大吾といえば、あの大きな発達した背中の筋肉(広背筋)

一体どうやってあの「超合金」を手に入れたのか?

まずこの背中

びっくりするほどの逆三角形です。ボディービルダーかと疑うほど

この筋肉で体重がフライ級なので50.8kgととんでもないです

この背中の筋肉とパンチ力は密接していて、腕だけでのパンチは限界があります(手打ち)

そこで、背中の筋肉を使って(下半身もですが)連動させてぐぐっとパンチを打ち込むことによって

パンチ力が増大するんです

これは野球などもそうですが、「速い球を投げる、遠くに飛ばす」には背筋力が不可欠です

背筋が強い人は早い球や遠くに物を飛ばせたりできます

この「背筋力」が比嘉大吾のKOキングの秘密ではないでしょうか?

また比嘉大吾さんは格闘技界のトップアスリート達と一緒に階段ダッシュトレーニングをしています。

ボクシングだけにとらわれず、異業種のトレーニングも行っているのですね

海外の反応は

前回の対戦で同級5位の挑戦者トマ・マソン(フランス)に7回TKO勝ちした試合でも海外の評価は素晴らしいものでした

比嘉のボディ打ちは、単純だが厄介だ。

6ラウンドまで全て比嘉のラウンドだし、マソンは壊れかかっていた。

7連続の左フック/アッパーカットが印象に残っている。

比嘉のボディはえげつない。

比嘉は強いように見えた(おそらく以前よりもパワーを抑えたかもしれない)が、挑戦者は彼に挑戦するレベルではなかった。比嘉が次に統一戦をできることを願っている。

などいい評価コメントを付けています

まとめ

具志堅用高にあこがれて白井・具志堅スポーツジムに入り、そこから2014年にデビュー

わずか3年で世界王者まで駆け上がりました

今回が地元沖縄で2度目の防衛戦です 力む気持ちもわからなくないが、いい結果を期待します

ただ10㎏の減量が試合にどう影響するか・・心配です 階級を上げた方がいいかもですね

そしてあの背中の筋肉はKOキングの源ということです

海外の反応もいいので、今回の試合でKO勝ちして井上尚弥と共に軽量級は

日本人はスゴイという事を見せつけてほしいです

連続KO日本記録もかかっているので、ダブルで防衛できたら最高です

期待します

おわり

スポンサーリンク

-比嘉大吾

Copyright© コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト , 2018 All Rights Reserved.