普段の何気ない事や関心のある物について書いています

hisa’s 日常のブログ

ボクシング

ルイスネリに失望!計量オーバー失格で王座剥奪!山中慎介が悔し涙。

更新日:

ルイス・ネリにはガッカリ・・

WBC世界バンタム級タイトルマッチを翌日に控え、前日計量が行われたが・・

なんとチャンピオンのルイス・ネリが体重オーバーで王座剥奪とういう失態をしました

これには、ボクシングファンである人もガッカリですが

何と言っても対戦相手の山中慎介が一番やりきれないと思います

このくやしい、ホントにくやしい気持ちを書きたいと思います

スポンサーリンク

ルイス・ネリが計量オーバーで王座剥奪!!

計量オーバーでぐったりのルイス・ネリ

なんと、とんでもない事が起きたものです

チャンピオンであるルイス・ネリが体重オーバーで王座剥奪

体重オーバーで失格というのはたまにはありますが、前回が薬物疑惑

そして今回が計量オーバー・・

何とも山中慎介はついていないというか、変な奴に当たってしまいました

ボクシングの計量は、以前は当日計量でした

だがしかし、これでは選手の健康管理が損なわれるという事で、試合前日に行う事になった

 

挑戦者 山中慎介

リミットから200グラムアンダーの53・3キロで1回でパス

チャンピオン ルイス・ネリ 

ルイス・ネリは1回目の計量でリミットから2・3キロオーバーの55・8キロというとんでもない体重で終了

55.8kgって1階級上のスーパーバンタム級より重い・・

  • バンタム級⇒53.52㎏以下
  • スーパーバンタム級⇒55.34㎏以下
  • フェザー級⇒57.15㎏以下
  • スーパーフェザー級⇒58.97㎏以下

2回目の計量は、約2時間後の再計量でもリミットから1・3キロオーバーの54・8キロで王座剥奪

この結果、山中慎介が勝てばもちろんチャンピオン返り咲き

ルイス・ネリが勝っても防衛はなりません(王座剥奪なので)

ネリが勝っても引き分けてもWBCは空位となります

ちなみにネリのドーピングは陰性

ルイス・ネリ陣営は今回新たに栄養士を雇って管理に努めたというが、とんでもないいい加減な栄養士だなと。それとも確信犯か

栄養士のコメントは

「朝の時点で3キロ超過していたが、他のボクサーなら水分を絞れば落とせていた。自分の経験が生きなかった。山中選手には申し訳ない」と話している

朝の時点で3キロ??この栄養士はボクサーの事をホントに知っているのか?

3キロって日本だったら試合3~4日前の体重ですよ

ここから追い込むのだから。普通

 

なお、

JBC(日本ボクシングコミッション)によると、ネリは試合当日の3月1日正午に当日計量を行うという。

上限は58キロに設定されたが、オーバーした場合は何らかの罰則が科されるが試合は行われるという。

これって58kg契約で試合をするって事?

もちろん、計量後はお互いに水分や食べ物を摂取するので体重は増えるが、58kgってスーパーフェザー級の階級ですよ

あのKOダイナマイトの内山高志氏のいた

しかも58kgを超えても試合は行われるって山中慎介にとってはちょっと危険ではないか?

山中慎介は1~2階級も上の選手と試合をする様な物

ホントだったら試合は中止にしてほしいけど、山中慎介にとってこの試合はのメリットはないですね

スポンサーリンク

世界タイトルマッチでも計量オーバー

最近見る傾向ですね

昨年4月のWBO世界バンタム級タイトルマッチで大森将平の挑戦を受けた王者マーロン・タパレス

同5月のWBC世界フライ級タイトルマッチで比嘉大吾が挑戦した王者フアン・エルナンデス

いずれも計量オーバーで王座剥奪

結果は、マーロン・タパレスは11R KO勝ち、フアン・エルナンデスは6RKO負け

また、内山高志に2度も勝ったジェスレル・コラレスも計量オーバーでアルベルト・マチャドに8RにKO負けしています

今回の山中慎介VSルイス・ネリの試合はどうなるのだろう

ルイスネリ陣営は次の上の階級を考えているのではないか?

バンタム級で極限まで体重絞って負けるよりも、体重オーバーでも身体に負担のない体重で試合実施

王座剥奪でも良い形で勝ち、印象を良くして階級変更と言うプランではないか?

日本ではとても許されることではないが、海外だったらあり得るかなと思います

山中慎介が悔し涙。

バンタム級のリミットをはるかに超えた体重で臨んだルイス・ネリに対して

山中慎介は「ふざけんな」と思わず言ってしまったという

そりゃそうだ、ホントにふざけんなですよ

私自身もこの試合は楽しみにしていたのに

山中慎介にとって、すべてを明日の試合に集中して、これまで厳しい練習や減量に耐えてきたのに

それがネリが体重オーバーで王座剥奪という結末

前回山中慎介は、連続防衛日本タイ記録(13回)をかけた試合に無敗の挑戦者

ルイスネリを指名⇒KO負け⇒ネリに薬物疑惑⇒再戦決定⇒ネリが体重オーバーで剥奪

流れが悪すぎますね

山中慎介はもう35歳です

もう残された時間はあまりないです。最後の集大成がこんなのでは辞めたくても辞められないですね

まとめ

チャンピオンのルイスネリが、まさかの体重オーバーで王座剥奪という事実

チャンピオンがこんな身体を作れないのは、日本では絶対にありえないです

それともネリ陣営は確信犯なのか?次の階級を狙っての予行練習としているのか?

薬物疑惑といい、今回の体重オーバーといい、山中慎介は悪いくじを引いてしまいました

できたら明日の試合は中止してほしいが、そんなわけもいかず・・

恐らくネリとは体重差があると思うので、戦いづらいと思うけどどんな形でもいいので勝ってほしいです

それと、次戦もし、もしも山中慎介の気持ちがあったら、井上尚弥と戦ってほしい

山中慎介のホントに最後の集大成として

山中慎介もパウンドフォーパウンドランキングに入っていました

ガチの試合を観たい

おわり

「ボクシング」一覧

スポンサーリンク

-ボクシング

Copyright© hisa’s 日常のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。