日本と海外のボクシング世界戦を中心に年間約300試合をチェックしている、竹原・畑山世代の40代サラリーマンが、「パウンドフォーパウンド対決を見るのが好き」「誰が一番強いのかを比べるのが好き」「井上尚弥が好き」…などなど、とにかくボクシングが好き!という方たちと一緒に、ボクシングの魅力や楽しさを共有するサイトです。

コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト

井上尚弥

井上尚弥がマクドネルとタイトルマッチ決定!ルイスネリとの対戦は?

更新日:

井上尚弥の対戦相手がついに決まりました!

しかも、井上尚弥のバンタム級転向後の初戦がタイトルマッチと言うとんでもない期待感が大です

それだけ井上尚弥という「ブランド」がそうさせたのでしょうね

このタイトルマッチの詳細と、あの「トラブルメーカー」のルイス・ネリと井上尚弥との対戦の可能性はあるのか書いていこうと思います

スポンサーリンク

WBA世界バンタム級タイトルマッチ決定

昨年12月ののヨアン・ボアイオ戦以来の試合ですね

だいぶ間が空いてしまいましたが、そのうっぷんを晴らしてほしいです

本来だったら、今年の2月にアメリカの興行「Superfly2」でヘルウィン・アンカハスとの対戦を行うはずでしたが、アンカハスが「逃げて」しまい消滅

アンカハスはマニーパッキャオの所属ジムです

最終決定はパッキャオが決めるみたいで、途中までは井上尚弥VSアンカハスは決まっていたが、パッキャオが「井上尚弥と戦って勝てると思うか?」

以後この話は消滅

そして井上尚弥は、心残りがありつつバンタム級に転向

一時はWBOバンタム級王者のゾラニ・テテが対戦相手かと思いましたが、テテは井上尚弥とも対戦したこともある、オマール・ナルバエス戦が決定

テテの負傷もあり対戦が4月に変更

あの、減量確信犯男のルイスネリは山中慎介と

残るはWBAのジェイミー・マクドネルでしたので、交渉を開始

交渉が順調に進み、本日決定発表

試合日程は、5月25日 東京・大田区総合体育館です

このジェイミー・マクドネルに勝てば、国内5人目の3階級制覇達成です

しかも、16戦目での3階級制覇でしたら、井岡一翔の18戦を抜いて世界最速で達成です

過去の日本人3階級制覇者

  • 長谷川穂積
  • 井岡一翔
  • 八重樫東
  • 亀田興毅

3階級制覇したチャンピオンの中には、巧みなマッチメイクで弱い相手を選んで王者になったボクサーもいるが、まあ3階級制覇は前人未到の領域です

このため井上尚弥は、6日付でWBO世界スーパーフライ級王座を返上する予定です

世界戦が決まった井上尚弥の心境は、「素直にうれしかった。モチベーション上がった」

と語っています

そりゃそうですよね・・なにせ井上尚弥が強すぎて試合すらできない状況でしたからね

試合が決まっただけで嬉しいとは・・強すぎる所以の悩みです

ここで対戦相手のジェイミー・マクドネルのプロフィール

ジェイミー・マクドネル 1986年3月30日

身長:178㎝

リーチ:183㎝

国籍:イギリス

戦績:32戦 29勝 13KO 2敗1分け1無効試合

スタイル

ジャブを主体に試合を作る技巧派、

堅実に試合を進めていくことができ、打たせずに打つボクシングスタイル

過去に亀田和毅に2度勝っている

スポンサーリンク

海外メディアの反応

井上尚弥VSマクドネルの対戦は、試合前から盛り上がっていて

当然メディアの反応も井上尚弥のKO必須と報道していますね

逆に判定まで行ったら驚きとまで言っています

一方のマクドネルも井上尚弥に対して、「モンスター狩り」を宣言

「ナオヤ・イノウエという最高の選手からタイトルを守るために日本に向かう」

「ナオヤ・イノウエというパウンド・フォー・パウンドにおける最高の選手からWBAの世界タイトルを守るため、日本に向かう」

ルイスネリとの対戦はある?

3月1日にWBCバンタム級タイトルマッチで山中慎介VSルイスネリ戦がありましたが・・

これがルイスネリのとんでもない奇行でネリの勝利=王座は空位となりましたね

2.5㎏オーバーで計量失格⇒王座剥奪されて、でも開き直りで試合に臨む⇒勝利で大喜びというとんでもないトラブルメーカー

そんなボクサー失格のネリに対して井上尚弥は、出来る事ならやりたいと言っています

だが、ネリはWBCから無期限の資格停止、JBCから1年間の日本での試合停止を食らっています

なので現実的には対戦は厳しそうだが、きちんとルールを守ったうえで試合がしたいと

その反面、「それとは関係なしに(ネリと)やりたい気持ちはある」とも語っています

井上尚弥の絶対負けない自信でしょうか

ネリが体重オーバーしていても戦って勝ってやるというのが伝わってきますね

体重オーバーのネリでも、井上尚弥に勝つのは厳しいと思いますね

そもそもネリのパンチが当たらないと思います。

山中慎介はネリのパンチをもろにもらってしまいましたが、山中慎介はたぶん以前の身体のキレはない事とダメージの蓄積は分かっていたはず

なのであんなに簡単にダウンを取られてしまいました

井上尚弥は、まともにパンチをもらったことがないので、耐久力はMAXではないでしょうか

井上尚弥は、スーパーバンタム級の選手と戦っても勝てると思います

まとめ

ついにMonster 井上尚弥の試合が決まりました

しかもバンタム級初戦がジェイミー・マクドネルとWBA世界タイトルマッチと言う強運

逆にジェイミー・マクドネルが井上尚弥の対戦を受けたことがすごいと思います

マクドネルは男だ!

 

海外メディアも井上尚弥のKO勝利だろうと報道しています。判定だったら驚きと

しかも勝利したら世界最速の3階級制覇となります

5.25の試合が楽しみです

そして、ルイスネリとの対戦の可能性は、現段階では非常に低いと思います

ネリは、資格停止のペナルティーを受けていますし、日本でも1年間は試合ができません

ただ、WBC以外の団体でしたら今の段階でしたら可能だが・・

井上尚弥もネリとはやってみたいと言っていますが・・

個人的には、井上尚弥はディフェンスマスターのギレルモ・リゴンドウと戦ってほしいなと

おわり

スポンサーリンク

-井上尚弥

Copyright© コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト , 2018 All Rights Reserved.