日本と海外のボクシング世界戦を中心に年間約300試合をチェックしている、竹原・畑山世代の40代サラリーマンが、「パウンドフォーパウンド対決を見るのが好き」「誰が一番強いのかを比べるのが好き」「井上尚弥が好き」…などなど、とにかくボクシングが好き!という方たちと一緒に、ボクシングの魅力や楽しさを共有するサイトです。

コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト

井上尚弥

井上尚弥がパッキャオ2世、小さなゴロフキンと言われる理由は?

更新日:

先日の井上尚弥VSマクドネル戦の興奮がまだ冷めやらぬ現在です

録画したマクドネル戦を改めて観ても、井上尚弥の左フックが見えません‼

それほど強烈な、ハイスピードの左を持っています

そんな井上尚弥は海外から絶賛の嵐!

あのマクドネル戦の戦いぶりを観て世界のボクシングファンは、「パッキャオ2世」「小さなゴロフキン」とまで言っています

そんな名誉なことを言っていただける理由は何でだろうか?

色々探ってみたいと思います

スポンサーリンク

ジェイミーマクドネル戦の振り返り

5月25日の井上尚弥VSジェイミーマクドネル戦

みんなの予想をいい意味で裏切る圧巻の1ラウンド112秒KO勝利

勝つとは思いましたが、私も含めて少しは苦戦するのでは?と思っていました

あのワシル・ロマチェンコでさえ、ホルヘ・リナレスにダウンを奪われ、それなりに拮抗した試合の末3階級制覇を果たしたので

井上尚弥も序盤は苦労するかなと思いましたが・・ふたを開けたら初回からエンジン全開

様子見なんて最初の30秒!後は相手を見切り自分のペースに持ち込み、得意の左ボディーで始まり左フックが見事に炸裂

⇒マクドネルぐらつく⇒左ボディーでダウン⇒ラッシュ⇒レフリーストップでKO勝利

いつもの井上尚弥の必勝パターンが初回から出てきて、10年間無敗の、また亀田和毅を2度退けたマクドネルに何もさせず完璧勝利

井上尚弥は天才を言わざるを得ないファイターです

ロマチェンコより強いんじゃないかと思ってしまいます

そんな井上尚弥についたあだ名は、パッキャオ2世、小さなゴロフキン

いずれもレジェンドボクサーです!嬉しい限りですが井上尚弥は井上尚弥と思いますが・・

スポンサーリンク

パッキャオ2世、小さなゴロフキンと言われる理由は

「パッキャオ2世」、「小さなゴロフキン」と言われる理由は、それぞれ特徴は違いますが

 

パッキャオの特徴

マニーパッキャオ

  • ハンドスピードがとてつもなく速い
  • 一発のパンチ力の破壊力がすごい
  • 一瞬の踏み込みスピードの速さ
  • コンビネーションブロー(連続コンボ)
  • 怪物

全盛期のパッキャオは簡単に言えばこんな感じです。

とにかくスピードとパンチ力の破壊力がすごい!一瞬で相手に詰め寄り左ストレートを打ち込む

そしてコンビネーションブローも打てる

こんな特徴を井上尚弥も持っていると思います。とは言ってもまだパッキャオの領域には届いていませんが

井上尚弥もあの長身のマクドネルに一瞬で懐に入り左ボディーブローを打っていました

あの一瞬のスピードはすごいし、リーチの差を感じさせませんでしたし、うまく相手の一瞬の間、タイミングを読んで距離を縮めていました

そしてノーモーションの左フックがマクドネルのテンプル付近に当たり、そこからKOへと導きましたね

完全に相手の動きを読み切って攻めていける能力は、パッキャオにもない特殊能力なのではないでしょうか?

 

ゴロフキンの特徴

ゲンナジー・ゴロフキン(GGG)

  • プレッシャーのかけ方が上手い
  • 一発のパンチの破壊力がえげつない
  • コンビネーションブロー
  • 怪物

ゴロフキンの特徴はざっというとこんな感じです

ゴロフキンもピークを過ぎた感がありますが、ここ一番集中したときのゴロフキンの攻撃はホントに怖い

最新の試合の対バネス・マーティロスヤン戦、1ラウンドは様子見という事で若干パンチをもらってしまったゴロフキンでしたが

2ラウンドに入り本領発揮して、相手にプレッシャーをかけ方がとても上手く、あっという間にロープ際に追い込み、コンビネーションブロー

特にサイドステップしてからのアッパーカットがとても印象的で、あんなことが出来るんだと

そしてゴロフキンのえげつない破壊力抜群の右フック、ストレートが当たり速攻ダウン⇒KO

過去に戦った相手からは、「鈍器で殴られたようなパンチ」と言っています

井上尚弥もコンビネーションブローや一発のパンチ力は相当強い

ずっと体幹トレーニングを行っているので、その成果が出てきています。

本人も「身体がブレなくなってきている」と言っていますので、しっかりと下半身の力が上半身に伝わってきているのですね⇒KO量産につながる結果に

マクドネルも、スーパーフライ級で戦った”レジェンド”オマールナルバエス「パンチ力がとても強い」と証言

井上尚弥はパウンドフォーパウンドのランク入り選手、やはりランキングに入る選手の特徴は共通しています

  • スピードがある(パンチ、フットワーク)
  • パンチ力が強い
  • コンビネーションブローが打てる

この3つは必ず持っていますね

プラス、井上尚弥はディフェンス能力も備わっています。「打たさずに打つ」をモットーとしているので(井岡一翔もそうでしたが)

これまで井上尚弥は、まともなパンチをもらったことがないですからね

まさにボクサーとして完璧に近づいている

さらにマクドネル戦での圧倒的勝利で、一気に世界のボクシング界でTOPに駆け上がってしまいました

まとめ

井上尚弥は、世界のボクシング関係者から「パッキャオ2世」、「小さなゴロフキン」と言われるようにまでなりました

過去にジムの大橋会長も井上尚弥の事を「パッキャオ2世にする」と言っていたので、まさに現実となりましたね

井上尚弥は3階級制覇を達成して、まだまだ上の階級まで行けそうな気がします

そしてパッキャオ、ゴロフキンの持っている特徴を井上尚弥はすでに持っていると思います

そこがレジェンド2世と言われる所以でしょうか

パンチ力、スピード、コンビネーションブロー、プレッシャーのかけ方・・

ますます「Monster」に近づいています

井上尚弥に敵はいるのだろうか?と思ってしまうほどの他選手との実力差です

秋にはWBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)が開催されますから、そこでさらに井上尚弥の実力が観られると思います

井上尚弥というボクサーと一緒の空間をいられてホントに幸せです

サッカーで言えば、メッシを生で観られて嬉しいという感覚に似ています

これからの井上尚弥がホント楽しみです。どこまで行くのか?

おわり

世界のボクシングを観るならWOWOWのエキサイトボクシングで興奮しちゃいましょう‼

井上尚弥の試合はWOWOWでしか見られなくなるかも⁉お早めに!

 

スポンサーリンク

-井上尚弥

Copyright© コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト , 2018 All Rights Reserved.