普段の何気ない事や関心のある物について書いています

hisa’s 日常のブログ

ボクシング

井上尚弥 VSマクドネル戦の海外の反応がスゴイ!タイソンの再来?

更新日:

先日の井上尚弥VSマクドネル戦での圧巻1ラウンドKO勝利で、海外からの反応がとてつもなく絶賛の嵐です

そりゃそうです!普通に考えて、3階級制覇をわずか1ラウンドで成し遂げるのだから

そんな井上尚弥の海外からの祝福のお言葉を紹介したいと思います

そしてあまりにも強いパンチ力なので、ボクシング関係者の方から「タイソンを思いだす」とまで言われています

あの、80~90年代のヘビー級を代表する名ボクサー、マイクタイソン

そんなタイソンを思い出すといわれる理由も探していきたいと思います

スポンサーリンク

井上尚弥VSマクドネル戦の海外の反応

井上尚弥は、WBA世界バンタム級タイトルマッチを、バンタム級に階級を上げた初戦で迎える

しかもその試合が3階級制覇がかかった試合

それらをすべて成し遂げる井上尚弥の無限の能力

普通に考えて並みのチャンピオンでしたら、そんな興行はできないし、そもそもプレッシャーで押しつぶされると思います

本人も固くなったと言っていましたが、並みのチャンピオンと言っている次元が違います

その試合をたった112秒で終わられせてしまいます・・

いままでこんなボクサーいただろうか?

海外の目の肥えたボクシングファンが黙っているはずはありません

この試合はイギリスとアメリカで生中継されていましたし、日本の観ているファンも大絶叫しましたよ

 

これはダイナマイトツナミだ!次のマニー・パッキャオが誕生した

最初のボディーへの一発で決まったな

マニー・パッキャオがアジアで最強のボクサーだと思って居たけど、それは間違いだった様だ。井上尚弥こそヒーローだ

井上尚弥のDNAを検査した方が良い、こいつは人間じゃなく、モンスターかもしれない

井上はゲンナジー・ゴロフキンに近い選手

井上尚弥と大谷翔平はマンガだよ

マクドネルはダメな奴ではない。井上が本物なんだ!

などなど絶賛なお言葉を頂戴しています

それに過去にバンタム級で長期防衛を果たしている「レジェンド」

長谷川穂積氏と山中慎介氏にも井上尚弥の強さを語っています

世界チャンピオンは

  • パンチ力
  • スピード
  • テクニック
  • 冷静さ
  • 勇気
  • ディフェンス

プラス、ディフェンス面を追加したいと思います

これを六角形にしたら、キレイな六角形の形になると思います

ほとんどがパーフェクトの数値

なのでパウンドフォーパウンドにランキングされている理由がわかりますね

パウンドフォーパウンドランキング

井上尚弥に敵はいるだろうか??

スポンサーリンク

マイクタイソンの再来?

右:マイクタイソン

井上尚弥のマクドネル戦の戦いぶりを観て、あの往年のダイナマイトパンチで活躍した「鉄の男」

マイクタイソンの再来かとまで言われています

他には「パッキャオ2世」や「小さなゴロフキン」と言われ、井上尚弥はどこまで行くのでしょうか?

実際には、井上尚弥とタイソンのファイトスタイルは違いますが、人気、実力は申し分ない

あとはアメリカや今、ボクシングが熱くなっているイギリスで定期的に試合を行えば、無双状態

マイクタイソンと言えば、「フライ級並みのスピードとダイナマイトパンチ」でKOの山を量産

観ている人を非常に分かりやすくKOという形で終わらせて、一時代を築いた名ボクサー

【タイソンは、2011年の国際ボクシング殿堂への殿堂入りを果たしています】

アメリカで井上尚弥は、マイクタイソンみたいにKOボクサーとみているようです

なので人気が出ないわけがありません

なので早く活動拠点をアメリカに移した方がいいと思いますがね

まとめ

井上尚弥はマクドネル戦での早期KO決着で海外から人気がうなぎ上りです

海外からの反応がハンパないですね

そしてついたニックネームが「タイソンの再来」本当に嬉しい限りです

ただ、私生活まで真似してはダメですよ

そして秋にはWBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)が開催されます

そこで井上尚弥の真の強さを発揮してほしいです

またWBSSには色んな選手が参加を表明しているので、ホントの意味の最強が決まりますね

たのしみ

おわり

スポンサーリンク

-ボクシング

Copyright© hisa’s 日常のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。