日本と海外のボクシング世界戦を中心に年間約300試合をチェックしている、竹原・畑山世代の40代サラリーマンが、「パウンドフォーパウンド対決を見るのが好き」「誰が一番強いのかを比べるのが好き」「井上尚弥が好き」…などなど、とにかくボクシングが好き!という方たちと一緒に、ボクシングの魅力や楽しさを共有するサイトです。

コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト

各階級王者

田中恒成の3階級制覇は達成できる?日本人対決や夢は5階級制覇?

更新日:

中京高校で2年でインターハイ制覇、国体は2連覇、さらに選抜も優勝し、高校4冠を引っさげ鳴り物入りでプロ入りした「中京の怪物」。

ミニマムとライトフライを制覇し、現在フライ級で王座を狙う田中恒成、その人です。

田中選手の3階級制覇は出来るのか?日本人同士の対決や、夢の5階級制覇の可能性に関してみていきたいと思います。

スポンサーリンク

田中恒成の3階級制覇は達成できる?

 

BoxRecの情報によると、田中選手の身長は164cm。ミニマム級からすると結構大きい方で、平均身長からみるとスーパーフライ級かバンダム級に多い選手の平均です。

あまりイメージはありませんが、田中選手はミニマム時代かなり減量苦があったようで、階級を上げることでより良いパフォーマンスを見込み

ライトフライ、そしてフライ級に主戦場を移してきました。

田口良一選手との統一戦を待たずにライトフライを返上し、フライに移ったのも、眼下底骨折という理由もありますが

まだ若く成長する身体にはライトフライも厳しかったのでしょう。

現在フライ級で1戦をしていますが、おそらく次が世界戦。現在フライ級戦線にいるのは田中選手以外に3人。

まずウクライナのアルテム・ダラキアン。ゲンナジー・ゴロフキンと同じのK2プロモーション所属の選手で、ゴロフキンの試合の前座によく出てきているファイターです。

ローマン・ゴンザレスと戦っているブライアン・ビロリアと王座決定戦を行い、3-0の大差判定でチャンピオンの座を射止めています。

戦績は16戦16勝11KO、軽量級の選手としてはKO率も高い方ですが、最近はKOを量産する軽量級の選手も多く、そこまで強大な敵というわけではなさそうです。

次にドニー・ニエテス。

田中選手が今目指しているミニマム、ライトフライ、フライ級の3階級制覇を成し遂げている選手で、今もIBFでフライ級王座についています。

フライ級に階級を上げてくるであろう比嘉選手の対抗馬として、海外メディアで取り上げられているのが、このニエテス選手です。

軽量級にスポットを当てたイベント「Super Fly2」で元2階級制覇のファン・カルロス・レベコ選手と対戦、7回KO勝ちを収めています。

フィリピン選手で最も長い王座在籍期間を誇っているだけあって、やはりディフェンス技術が高いです。

直近のレベコ戦でもヘッドスリップでパンチをいなすなど、フィリピン選手には珍しい技術も見せています。

身体も厚く、パワーも強烈です。レベコ戦では常に自分のペースで進めていたこともありますが、35歳にして7回まで動きは軽快。

背格好も含め、オフェンスはどことなくローマン・ゴンザレスのような動きです。

アメリカボクシング界の名伯楽、フレディー・ローチ氏は、比嘉大悟選手とニエテス選手が戦った場合、ニエテス選手有利だと挙げています。

ニエテス選手が培ってきた経験が勝るということでした。

それだけニエテス選手の評価は高いんですね。田中選手にとっては強敵となりそうです。

そして日本の木村翔選手、WBOの王者です。おそらく田中選手が最も狙っているのは、この木村選手だと思います。

スポンサーリンク

日本人対決や夢は5階級制覇?

 

田中選手がかねてより日本人対決を求めていたことから、木村選手への挑戦は最優先で進められると思います。

木村選手側は、興行オプションの関係でゾウ・シミン選手と戦う可能性もありますが、木村選手がチャンピオンで居続ければ、田中選手はそこを狙ってくるでしょう。

直近のフライ級での田中対ロニー・バルドナド戦では、木村選手も解説席に入ったり、試合後戦う可能性に関して言及しています。

お互いにも戦いたいと思っているはずです。木村選手は「中国で最も有名な日本人」の一人と言われていますし、その防衛戦はゴールデン・タイムで流れました。

田中選手が持っていない、全国レベルの知名度を持っている選手です。その木村に勝った田中となれば、よりその名が広がっていくでしょう。

正直田中恒成選手は2階級を制覇しているのにもかかわらず、知名度が高くありません。対木村戦で、より高められると思います。

また、木村選手が他2人のチャンピオンに比べて「穴場」であることもあります。

ドニー・ニエテス、アルテム・ダラキアンと比べ情報も多いですし、傍から見ても上手いボクシングをする選手ではありません。

しかしながら、その決して上手くないボクシングで、アマチュアエリートのゾウ・シミン、五十嵐俊幸を撃破しています。

特筆すべきはそのスタミナ。対ゾウ選手の勝利を決めた11ラウンドでもガードは決して下がっていませんでした。

木村選手本人も、アマエリートに対して自信を持っているはずです。今最も実現可能性の高い木村対田中、早い時期に実現してほしいですね。

そして田中選手が3階級を制覇したとして、その後はどうするのか?本人は、その夢を5階級制覇としています。

もちろんリップサービス的に言っている可能性もありますが、その5階級実現のためには、どのような壁が立ちはだかるのか、見ていきたいと思います。

田中選手が5階級を目指すとすれば、標的はスーパーフライとバンダムです。

バンダムはライアン・バーネット、ジェイミー・マクドネル、ゾラニ・テテ。スーパーフライではカリッド・ヤファイやシーサケット・ソールビンサイがいます。

 

現時点でその2つに日本人チャンピオンはいませんが、比嘉大悟選手、井上尚哉選手、亀田和毅選手がいます。

3人とも、いずれこの階級のチャンピオンの座に就くでしょう

特に比嘉選手と井上選手は階級を上げることでスピードも落ちず適正体重に近づくといった事だと思うので、間違いないはずです。

上記、2つの階級のチャンピオンに田中選手が勝てる可能性ですが

現在ミニマムとライトフライで被弾も多くダウン経験もあるので、正直難しいのかな、というのが私の印象です。

田中選手のハンドスピードは確かに速い。様々な角度で打つ連続のジャブなど、シャドーやサンドバッグを見ても非常に速いです。

ただ、反射スピードとなると、疑問符が付きます。

ランキング13位のパランポン選手にダウンを奪われるなど、多少の被打覚悟で行っているようなイメージもありますが、階級を上げていくとなると危険ですね。

アマチュアでの経験を込みで考えても、ダウン後の試合運びはプロ11戦目の選手ではありません。多少は被弾覚悟で行っているような気がします。

ただ、スーパーフライ、バンダムの強打に耐えうるかというと、そうではないと思います。ミニマム・フライでダウンを喫しているので、耐久性はそこまでないはずです

それがバンダムまでとなると、仕留められる可能性があるでしょう。4階級5階級はまだ日本人未踏の地です。3階級ですらとんでもない大記録。

現在のフライ級で是非王座をとってほしいですね。

 

 まとめ

 

以上、田中選手の3階級達成の可能性、日本人対決や5階級制覇に関して書かせていただきました。

体重の壁に苦しむかと思いますが、3階級までなら可能だと思います。

特に対日本人の木村選手との対戦は面白そうですね。田中対木村はエリート対雑草という図式で、日本人が好きな類の戦いです。

5階級は、田中選手自身がそこまで現実みを以て言っているのか不明ですが、今のチャンピオンの層と、田中選手の耐久度を考えると厳しいと思います。

今後田中選手の体の成長如何で変わってきますが、今は目前の3階級制覇に向けて頑張ってほしいですね。

おわり

スポンサーリンク

-各階級王者

Copyright© コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト , 2018 All Rights Reserved.