日本と海外のボクシング世界戦を中心に年間約300試合をチェックしている、竹原・畑山世代の40代サラリーマンが、「パウンドフォーパウンド対決を見るのが好き」「誰が一番強いのかを比べるのが好き」「井上尚弥が好き」…などなど、とにかくボクシングが好き!という方たちと一緒に、ボクシングの魅力や楽しさを共有するサイトです。

コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト

その他の話題

ボクシング、田中恒成と井岡一翔と井上尚弥、誰が軽量級最強?

投稿日:

田中恒成がバチバチの攻防を制して、最速3階級制覇を成し遂げましたが、日本人軽量級にはまだ最強を欲しいままにしている選手がいます。

井岡一翔と井上尚弥がその選手です。

では、田中恒成と井岡一翔と井上尚弥ではいったい誰が一番強いのか?誰が最強なのか?気になりますね!

それぞれの特徴をもとに、誰が最強か検証したいと思います。

スポンサーリンク

田中恒成、井岡一翔、井上尚弥の共通点は?

この3人の選手はいずれも若く、勢いがあり世界とも対等に戦えるボクサーであります。

 

この3人の共通点は何だろうと思いました。

 

・3人とも3階級制覇者

これはとんでもない記録です!世界王者でも難しいのに、その王者を3階級も制覇してしまうのだから・・

  • 田中恒成・・ミニマム、ライトフライ、フライ級王者
  • 井岡一翔・・ミニマム、ライトフライ、フライ級王者
  • 井上尚弥・・ライトフライ、スーパーフライ、バンタム級王者

ちなみに井岡一翔はスーパーフライ級に上げて、日本人初の4階級制覇を目指しています。

 

・ディフェンス面が上手い

3人ともディフェンス面が上手く、まともにパンチをもらいません。

田中恒成は、先日の対木村翔戦では、打ち合ったので多少は被弾しましたが、得意のサイドステップは得意分野。オフェンス、ディフェンス面でも効果を発揮します。

 

 

・コンビネーションブローが打てる

これも3人とも「普通に」できてます。ラッシュをかけるときにも、相手の攻撃をかわして、空いている隙間にパンチを打ち込む能力が長けてます。

 

スポンサーリンク

田中恒成、井岡一翔、井上尚弥のストロングポイントは?

まず、一番パンチをもらわないのは、”The monster”井上尚弥でしょう。顔がすごくキレイ。今までまともにパンチをもらったことはないです。

 

しかも相手の攻撃、能力を察知する能力がとても長けてる。

 

わずか数分で相手の攻撃、能力がわかり、リサーチ終了後は相手の攻撃をバックステップ等でかわして、破壊力抜群のコンビネーションブローで追い込んでKOというシナリオ。敵がいない!

 

田中恒成は、ディフェンス面、オフェンス面ともに、アウトボクシングをさせたら天下一品でしょう。

 

バックステップ、サイドステップ織り交ぜてパンチをよけきります。

 

対アンヘル・アコスタ戦で見せた変幻自在なステップワークは感動しました。

 

当時16戦全KO勝ちのアコスタに対し、完全に試合を支配して、ダウンも奪い3-0の判定勝ちをおさめた試合は、田中恒成のベストバウトではないかと思います。

 

その後、アコスタはWBOライトフライ級王者になっている。

 

井岡一翔のストロングポイントは、「ショートレンジ」での細かい攻撃でしょう。

 

今まで派手さはなかったが、スーパーフライ級に上げた井岡一翔の攻撃は今までにないNEW井岡一翔だと思いました。

 

身体つきも一回り大きくなって、打ち合っているボクシングを展開していて、しかも天性のショートレンジでの攻撃が上手いとなると、手が付けられなくなると思います。

 

井上尚弥の所属している大橋ジムの大橋会長も、井岡一翔の事を最大級に警戒しています。

 

あのショートレンジの攻撃はかなり厄介。実際にショートのボディーブローでKOもしています。

 

誰が最強?

ではこの3人の中で、誰が一体最強なのか?

実際は、ウェイトが違うので、あくまで体重を一定にしたらの話をしますが、間違いなく井上尚弥が一番強いと思います、といいますが、圧勝してしまうのではと思います。

 

まず、あのオマール・ナルバエスを2ラウンドKO。バンタム級に上げてのマクドネルを圧巻の1ラウンドKOですから・・

 

あのドネアでさえ、ナルバエスを倒しきれなかった。マクドネルに関しては亀田和毅が2度対戦して勝てなく、身長差も、もろともせず一瞬のステップで距離感を縮めてラッシュ。

 

いとも簡単にという訳ではないが、外から見るとそのように見えてしまう、実力差がありすぎるように見せてしまう井上尚弥はスゴイの一言。

 

もし対戦したら、ガードもろとも吹っ飛ばされそうな勢いを想像させます。

 

でもそこは3階級制覇の田中恒成と井岡一翔、色々と対策を練ると思うが、パンチ力の差がハンパないと思います。

 

井上尚弥の攻撃を一撃でも食らったら、ダメージを追ってしまうと思う。

 

井上尚弥は、パンチ力+コンビネーションブローも打てるし、カウンターもうまい、サウスポースタイルにシフトチェンジしても打てるので、なすすべなし。

 

左フックを引っかけるように打つカウンターで対戦相手がひるんでしまう。恐らく、井上尚弥の一番の得意パンチは右ストレートだと思うのだが、打つまでもないまま試合が終わってしまうので、

 

ハッキリ言って、井上尚弥の限界がまだ見えていないというのが正直な印象です。それほど実力差がある。

 

井上尚弥は、全盛期のパッキャオやロマチェンコ、スペンスやクロフォード並みの選手という事です。

 

実際にパウンドフォーパウンドの選手ですしね!

 

まとめ

先日の試合で田中恒成は、最速3階級制覇を達成して勢いに乗りましたが、日本の軽量級にはまだmonsterがいます。

 

それが井上尚弥や井岡一翔。では3人の中で誰が一番強いのかはファンも関心のあるところ。

 

色々な共通点や長所も調べて、今一番強いのは井上尚弥という結論に私は至りました。

 

理由は、ディフェンス面、オフェンス面、パンチ力と穴がない点。ワンパンチで試合を決められる。

 

しかも井上尚弥の限界は誰も知らない、途中段階でこの成績なのです。本当の井上尚弥はどれくらい強いのか?

 

でも日本が誇る軽量級の3人です。これからの3人が楽しみ!

おわり

スポンサーリンク

-その他の話題

Copyright© コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト , 2018 All Rights Reserved.