日本と海外のボクシング世界戦を中心に年間約300試合をチェックしている、竹原・畑山世代の40代サラリーマンが、「パウンドフォーパウンド対決を見るのが好き」「誰が一番強いのかを比べるのが好き」「井上尚弥が好き」…などなど、とにかくボクシングが好き!という方たちと一緒に、ボクシングの魅力や楽しさを共有するサイトです。

コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト

各階級王者

ホルヘリナレスの次戦はロマチェンコ?ファイトマネーはどれくらい??

更新日:

3階級制覇のホルヘリナレスが今回3度目の防衛戦で中盤以降に圧倒し、防衛に成功しました

今回防衛戦の相手はメルシト・ヘスタ

へスタはランキング15位だったが、なんのそのの調子で強かったですよ

途中までは危なかったが無事防衛戦を果たし、次戦はどんな相手になるんだろうと気になりました

次戦はビックネームとの対戦というが・・ロマチェンコ??

またファイトマネーもどの位もらっているのかも気になったので調べてみました

スポンサーリンク

プロフィール

ホルヘ・リナレス

通称:Golden Boy(ゴールデンボーイ)

生年月日:1985年8月22日

階級:ライト級

身長:173.5㎝ リーチ:176㎝

国籍:ベネズエラ

スタイル:右ボクサーファイター

戦績:アマチュアボクシング:156戦151勝 (100KO・RSC) 5敗

プロボクシング:47戦44勝(27KO)3敗

  • 元WBC世界フェザー級王者
  • 元WBA世界スーパーフェザー級王者
  • 元WBC世界ライト級王者。現WBA世界ライト級王者

世界3階級制覇王者

日本の帝拳ジムとオスカー・デ・ラ・ホーヤのゴールデンボーイプロモーションズ所属

リナレスの次戦はロマチェンコ?

いや~なんとも面白いカードが実現しそうです!

つい先日3度目の防衛戦を見事果たしたホルヘリナレスですが、すでに次戦がビッグマッチの可能性があるそうです!

その相手とは、ワシル・ロマチェンコ

ワシル・ロマチェンコ

非常に非常に面白い対戦です!今から興奮しています

ロマチェンコは現在パウンドフォーパウンド第3位ですから

ニックネームが「ハイテク」

ロマチェンコは昨年の12月に「オリンピック金メダル対決」リゴンドーと対戦して、リゴンドーを棄権に追い込むほどの圧倒的勝利をおさめました

一方のホルヘリナレスは、先日3度目の防衛戦、WBA世界ライト級15位のメルシト・ヘスタと対戦して

序盤は互角な攻防でひょっとしてリナレスは危ないんじゃないかと思うほど、挑戦者のメルシト・ヘスタは強かったが、中盤圧倒し大差判定勝ち

前回の防衛戦でWBA世界ライト級1位のルーク・キャンベル戦が良い出来でしたので今回の防衛戦はちょっと出来としてはイマイチな感じでしたね

ただ、ハンドスピードは天下一品です。その高速左アッパーはよけきれませんよ

 

ホルヘリナレスは帝拳ジムとオスカー・デラホーヤ氏が設立した米国のゴールデンボーイプロモーションズに所属。

ロマチェンコはボブ・アラム氏が主宰するボクシングプロモーション会社「トップランク」と契約を交わしています

まずオスカーデラホーヤがリナレスVSロマチェンコのドリームマッチに向けロマチェンコサイドに連絡↓↓

この連絡を受け、ロマチェンコ側のボブ・アラム氏も前向きに検討すると↓↓

リナレスは先日の防衛戦で右手を負傷してしまい、正直に交渉はまだですが、帝拳ジム⇒ゴールデンプロモーションの順に交渉に入ると↓↓

試合の開催日の候補は、4月28日(日本時間29日)と5月12日(同13日)が可能性

正しリナレスの負傷を考えると5月12日になるかもという事・・

これって試合する前提でもう決まってるの?という事

お互いにやる気満々ではないかと

もちろんリナレスの負傷具合次第ですが、ロマチェンコはスーパーフェザー級では無敵

ライト級に階級を上げるのは時間の問題

ホルヘリナレスもロマチェンコもスピードは(ハンドスピードも)早い

連打もできるがショートレンジではロマチェンコ有利かと思います

中、ロングレンジではリナレスの距離ですが、ロマチェンコがそれを許さないと思いますね

リナレスは打たれ弱い所があるので、ロマチェンコの高速コンビネーションブローを被弾してしまったら、ちょっとヤバいかもしれません

今の段階だとロマチェンコ有利かなと個人的に思います

リナレスさえも棄権に追い込んでしまったら、ほんとロマチェンコは最強になってしまいますよ・・

スポンサーリンク

リナレスのファイトマネーは?

ここでホルヘリナレスはファイトマネーはどれくらいいただいているのか

気になって調べてみました 人気選手だからそれなりにあるのか?

ここでは前回のホルヘリナレスVSルークキャンベルのファイトマネーを調べてみます

ホルヘ・リナレスvsルーク・キャンベル
(2017年9月23日、フォーラム、HBO)
・入場者数:4,125人(主催者発表)
・有料入場者数:2,513人
・招待チケット:915人
・チケット価格:125ドル-25ドル
・入場料収入:103,512ドル(1100万円)

・ファイトマネー
ホルヘ・リナレス 25万ドル(2800万円)
ルーク・キャンベル 10万ドル(1100万円)

・・正直もっともらっていると思いましたけど、そんなではなかったですね

このファイトマネーだと、井上尚弥と同じくらいなのではと思います

ただ次戦、ロマチェンコ戦となれば、ファイトマネーは億は超えるなと思います

なにせロマチェンコはサウス・カネロ・アルバレスや”GGG”ゴロフキンらと同じくらい人気選手ですから

ただファイトマネーの配分はロマチェンコの方が多いかもしれませんね

リナレスよりロマチェンコの方が人気ですからね

まとめ

今年もボクシングファンが観たいカードが観られそうですね

そのカードが、リナレスVSロマチェンコです

お互いスピードスターなので、とてもスリリングな試合が観れそうで今からドキドキしています

またファイトマネーも防衛を重ねるごとに上がっていきます+PPV(ペーパービュー)売り上げでさらにプラスされますので人気選手はそれほど大金を稼ぎます

リナレスも、もっと大金を稼いでGGG達の仲間入りを果たしてほしいです

おわり

↓↓リナレスVSロマチェンコの試合はWOWOWしか観られない!↓↓

スポンサーリンク

-各階級王者

Copyright© コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。