日本と海外のボクシング世界戦を中心に年間約300試合をチェックしている、竹原・畑山世代の40代サラリーマンが、「パウンドフォーパウンド対決を見るのが好き」「誰が一番強いのかを比べるのが好き」「井上尚弥が好き」…などなど、とにかくボクシングが好き!という方たちと一緒に、ボクシングの魅力や楽しさを共有するサイトです。

コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト

各階級王者

ワシル・ロマチェンコ最強説!特徴や凄さなど強さの秘密は?

更新日:

ワシル・ロマチェンコは現在のボクシング界で最強ではないかと言ううわさが・・

ここ最近の試合でも、相手を棄権に追い込む試合運びは、付け入るスキさえも与えず完璧なボクシングを展開しています

現在のパウンドフォーパウンドランキングでは、”GGG”ゴロフキンがTOPに君臨していますが、ゴロフキンもピークを過ぎた感がありますね

その後を追うのは、ロマチェンコか井上尚弥ではないかと思います

井上尚弥も強いですが、ロマチェンコと階級が違うので一概には比較できませんが、

「ハイテク」

ワシル・ロマチェンコの特徴や凄さなど強さの秘密を探っていきたいと思います

スポンサーリンク

ワシル・ロマチェンコ最強⁉

ここまで完璧なボクサーはいただろうか?

試合の戦績を見ても、北京、ロンドンオリンピックで金メダル

アマチュアで397戦 396勝 1敗

プロ:11戦 10勝 (8KO) 1敗

プロでの1敗は、相手が(オルランド・サリド)体重オーバーで臨んだ結果です。

計量で約1キロリミット超過でベルトを放棄したサリドは当日ウェルター級まで増量

さすがのロマチェンコも対格差では勝てませんでしたが判定で1-2(115-113でロマチェンコだったが、他の2者は116-112、115-113でサリド)で敗れました

しかもこの試合がプロ転向2試合目での世界タイトルマッチですよ!

オリンピック連覇したからと言って2試合目の世界戦はロマチェンコだからできた興行です

その後、WBO世界フェザー級1位のゲーリー・ラッセル・ジュニアと対戦し

12回2-0(114-114、2者が116-112)の判定勝ちを収めプロ最短タイとなる3戦目での王座獲得に成功しました

また、フェザー級に在籍しつつも、1階級上のスーパーフェザー級にも挑戦して、当時最短記録の井上尚弥を上回る世界最速7戦目での2階級制覇を達成

対戦相手も、ニコラス・ウォータース、ギレルモ・リゴンドウなど世界的に有名なボクサーとも戦って勝利している

しかも、

  • ジェイソン・ソーサ
  • ミゲル・マリアガ
  • ギレルモ・リゴンドウ

の3選手とも棄権に追い込むほど、圧倒的な勝ち方をおさめています

相手が棄権って・・これ以上戦っても勝てないと思うから棄権申し込みするわけで、あとは怪我か

恐らく、ロマチェンコと戦ってイヤになったんだと思う。実力差がありすぎて・・

対戦相手がかわいそうになってきます。

スポンサーリンク

特徴や凄さなど強さの秘密は?

ロマチェンコの特徴は?

身長168センチ、リーチ166センチとスーパーフェザー級では決して体格に恵まれているとはいえないが

その体格をいかんなく発揮するのが「ハイテク」ロマチェンコ

正確無比なコンビネーション

懐が深く、パンチの強弱、スピード、同時に相手の体の向きを見ながら死角へ左右上下に移動しながらそのコンビネーションを叩き込み続けます。

フットワークもすごい、ダンスを踊ってるみたいに華麗で、サイドステップが非常にスムーズですね(子供の頃にダンスを習っていたのが影響?)

どこからともなくパンチが飛んでくる印象です

ですから、相手は防ぎきれないですよ!=相手が棄権するという事

2017年12月9日のロマチェンコVSギレルモ・リゴンドウの試合は、戦前ではリゴンドウがロマチェンコの攻撃をかわしていい勝負になるかと思いましたが

スーパーフェザー級 契約(58.967kg以下)で対戦しているので、ロマチェンコとリゴンドウの対格差が歴然と見え始め、リゴンドウなすすべなしで棄権

ディフェンスマスターのリゴンドウさえも棄権に追いやってしまったので、この階級には敵はいないかもしれません

現段階のパウンドフォーパウンドランキングでは、ロマチェンコは3位

リング誌 パウンドフォーパウンドランキング表

ちなみに井上尚弥は7位にランクインしてます(3月11日現在)

ロマチェンコは、もう1階級上のライト級に行かないと相手がいないかもしれませんね

まとめ

現在のパウンドフォーパウンドランキングでは、ゴロフキンが1位に君臨していますが

ゴロフキンはもう全盛期のピークを過ぎた感があります

ここで現在は「ハイテク」のロマチェンコが最強ではないかと言われています

まさに「打たせずに打つ」事ができるロマチェンコは相手が棄権してしまうほどに圧倒的なレベル差があります

そんな強さの秘密は、変幻自在なパンチとコンビネーション、スピード、テクニックすべてを兼ねそろえている所です

これでは相手は太刀打ちできないですね

井上尚弥も見習ってほしいところです

そんなロマチェンコはライト級に階級を上げて試合をやるのか?

ライト級には、ホルヘ・リナレスやマイキーガルシアなどの強敵がいます

リナレスは、ロマチェンコをこれっぽちも恐れていません

対戦が実現したらスピード対決はどちらが勝つのか?楽しみです

これからも精密機械のロマチェンコから目が離せませんね!

おわり

↓↓ロマチェンコの試合はWOWOWしか観られない↓↓



スポンサーリンク

-各階級王者

Copyright© コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト , 2018 All Rights Reserved.