日本と海外のボクシング世界戦を中心に年間約300試合をチェックしている、竹原・畑山世代の40代サラリーマンが、「パウンドフォーパウンド対決を見るのが好き」「誰が一番強いのかを比べるのが好き」「井上尚弥が好き」…などなど、とにかくボクシングが好き!という方たちと一緒に、ボクシングの魅力や楽しさを共有するサイトです。

コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト

各階級王者

ロマチェンコVSリゴンドーのドリームマッチ実現!どちらが有利?動画あり

更新日:

皆さんこんばんは

いかがお過ごしでしょうか?

今日は、「世紀のドリームマッチ」ロマチェンコVSリゴンドー WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

の事を書いていこうと思います。書く前からワクワクです!それぞれの選手を軽く紹介します

スポンサーリンク

ワシル・ロマチェンコ

国籍:ウクライナ

生年月日:1988年2月17日

身長:168㎝:リーチ166㎝ サウスポースタイル

通称:ハイテク 高性能

戦績:10戦 9勝 (7KO) 1敗 この1敗はWBO世界フェザー級王者オルランド・サリドと対戦時(サリドは体重超過)

動画 ロマチェンコ ハイテク攻撃

  • 元WBO世界フェザー級王者。
  • 現WBO世界スーパーフェザー級王者。
  • 世界最速の2階級制覇王者。それまでの最速は井上尚弥
  • ウクライナが輩出した最高傑作のアマチュアボクサー
  • 北京オリンピックはフェザー級金メダル
  • ロンドンオリンピックはライト級金メダル、オリンピック2連覇
  • アマチュア時代はたった1回しか負けたことがない。( アマチュア戦績は397戦396勝1敗)この1敗は2007年シカゴの世界ボクシング選手権決勝
  • パウンドフォーパウンド第3位

ほかにも・・

プロデビュー戦が世界ランキング戦、2戦目で世界挑戦(結果は判定負け)ファイトマネーは1億円以上

そんな「ミスターパーフェクト」なロマチェンコです

体型は日本人と変わらないのに・・パンチスピード、コンビネーション、的確なパンチ、絶対当たらないディフェンス能力。。

非の打ち所がないですね!井上尚弥もひょっとしたらロマチェンコに近いかもしれませんね!

 

ギレルモ・リゴンドウ

国籍:キューバ

生年月日:1980年9月30日

身長:161.5㎝:リーチ:172㎝ サウスポースタイル

通称:ジャッカル

戦績:18戦17勝(11KO)無敗1無効試合 アマチュア:247戦243勝4敗

  • シドニーオリンピックにバンタム級(54kg)で出場、金メダルを獲得
  • アテネオリンピックにバンタム級(54kg)で出場し金メダルを獲得
  • オリンピックで獲得した2つの金メダルは溶解して金歯を作成、普段から装着している(これはジョークだそうです)
  • プロ7戦目にして世界王座獲得に成功
  • WBA世界バンタム級王座統一を果たした
  • WBO世界スーパーバンタム級王者のノニト・ドネアと王座統一戦を行い、10回にダウンを奪われるも12回3-0(116-111、115-112、114-113)の判定勝ちを収めWBA王座の5度目の防衛、WBO王座の獲得
  • パウンドフォーパウンドランキング第4位

動画 リゴンドーの神ディフェンス能力

強さゆえの・・

リゴンドウのファイトスタイルはエキサイティングでないとして、今後リゴンドウの試合放送を見合わせる・・

勝ちに徹するからどうしてヒットアンドウエイ(打っては離れて)なので観客が沸くKOシーンはあまりない(実際はKOは多いが盛り上がらない)
アメリカでは人気がない
試合が組んでもらえない

となってしまったんです。

ボクシング好きな人としては、リゴンドーの巧みなディフェンス能力は、惚れ惚れするな~と思いますがボクシングも興行、ある程度魅せる試合をしないとですね。

スポンサーリンク

ロマチェンコVSリゴンドー

試合は12月9日(日本時間10日)に米国のニューヨーク州にあるマディソン・スクエア・ガーデン・シアターで開催

もうすぐですね!ほんとドキドキします。この試合ですが、階級はスーパーフェザー級なので、リゴンドーにとっては2階級も上の体重です。体重が1kg違うと、全然パンチ力が違うと聞きますが、、

スーパーバンタム級が55.338㎏、スーパーフェザー級が58.967㎏、約3.6㎏も違うんですよね・・そうなるとまったくもって違いすぎると思います。いくらディフェンス仙人のリゴンドーだとしても

リゴンドーとしては無謀じゃないかと思いますが、よほどの自信があるのだろうか?または、人気選手と試合をしなければ自分の価値が上がらないからか?(過去に試合を一方的に打ち切られた経緯あり)はたまた、やっと自分と同じレベルの選手が出てきたと思っているのか?

リゴンドーはロマチェンコの事を「彼は本物ではない、化けの皮をはがしてやる」と

オッズでは4対1とロマチェンコが有利ですが。。

嬉しいことにチケットは完売、(ロマチェンコだから?)ゴロフキンとカネロアルバレスとの試合もスリリングでしたが、今回もお互い似た者同士(オリンピック金2つ)サウスポー、技巧派(ディフェンス能力MAX)パンチスピード、コンビネーション、甲乙つけがたいですね、唯一体重だけがネックですが

ボクシング職人世界一決定戦ですね

まとめ

はたして、どっちが勝つのか。。

私的には、やはりロマチェンコ勝利だろうなと思います。年齢も29歳と37歳。

上り坂と下り坂、人気選手と不人気選手。過去にもゴロフキンとカネロアルバレスとの試合で人気選手のアルバレスがパンチを放つと観客がウワァ~って沸くんですよね!

それでジャッジもそれにつられてアルバレス有利に働いたような?経緯があるので、判定まで行ってしまったら間違いなくロマチェンコ勝利かなと思います。でもリゴンドーとしても意地がるので、前に出ていくと思いますので、KO必死ですね

現地時間9日(日本時間10日)WOWOWで放送ですね、とっても楽しみです。永久保存版ですよ、この試合は!

香川照之さんがいたら、とっても興奮してそうですね(笑)

 

おわり

スポンサーリンク

-各階級王者

Copyright© コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト , 2018 All Rights Reserved.