日本と海外のボクシング世界戦を中心に年間約300試合をチェックしている、竹原・畑山世代の40代サラリーマンが、「パウンドフォーパウンド対決を見るのが好き」「誰が一番強いのかを比べるのが好き」「井上尚弥が好き」…などなど、とにかくボクシングが好き!という方たちと一緒に、ボクシングの魅力や楽しさを共有するサイトです。

コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト

その他の話題

ルイスネリにWBCが鉄槌!無期限資格停止でファイトマネーも差押え

更新日:

WBCは行動が早かった!

ルイスネリの2度に渡る背信行為により、山中慎介は、現役引退までに追い込まれました

その原因は、ドーピング疑惑と今回の体重オーバーでの試合

これらを許しては、ボクシングというスポーツが成り立たなくなります

このスポーツマンシップに欠けるルイスネリ一連の行動を書いていこうと思います

スポンサーリンク

WBCがルイスネリに無期限資格停止

過去に体重オーバーした国内世界戦一覧

ボクシング界がクリーンな改革に改善しようとしています

今回の山中慎介VSルイスネリ戦

山中慎介がしっかり体重をリミットに合わせたに対してネリは、2.3キロオーバー!

はっきり言って減量してません

再計量後も1.3キロオーバー

そりゃそんなに体重があったら絞るなんて無理だよ

そして当日、非公開で量陣営が集まり再々計量で、上限を58㎏に設定し結果は57.5kg

ネリは何とか上限をクリア

その後も何の悪びれることなく、コーヒーとチーズケーキをほうばる始末・・

これからボクシングの試合をやる食べ物ではありません。完全観光気分か?

試合前の体重は、山中慎介59.2キロ、ルイスネリは60キロオーバーの60.1キロ

60.1㎏・・これは、ライト級に匹敵するの体重です

ギリギリまで減量してからの体重アップと、さほど減量しないでの体重アップは身体の回復力は全然違います

しかも当日の山中慎介とルイスネリとの体重差も1kgあり、パンチ力も全然違うと聞きます

そして試合結果は、2ラウンドTKOでルイスネリの勝利

勝利後も体重オーバーの事も失格の事も何事もなかったかの様な喜びぶり

これには私も観ていて不快感がつのりましたね

当然過去のチャンピオン達も苦言をしめしていますし、海外からも文句も来ています

言い訳無用だ。無責任男」

「男らしく防衛できなかったのに、少女のように泣くんじゃない」

「豹(ネリの愛称)はしつけできないということか。彼らのリングに対する態度が人生と真剣さを表している」

「世界王者が計量で剥奪なんて信じられないよ」

「彼の準備とプロ意識のあまりの酷さを物語っている」

「メキシコボクシングにとっての何という恥なんだ。逃げ腰の無責任王者」

「なんて愚かなんだ」

「酷いボクサー。今や無責任。偉大なアマチュアの才能がいるのに、なぜWBCはこんな平凡なボクサーに注視しているんだ」

パウンドフォーパウンドランキング入りしているサウス”カネロ”アルバレスや

メキシコの英雄「フリオ セサール チャベス」らは、このネリの行動に対してはどう思っているのか?

同じメキシカンとして

スポンサーリンク

ペナルティーを科す

そしてJBC(日本ボクシングコミッション)もルイスネリに対し1年間、日本での試合禁止が出ました

早速対応が早い

 

更新:このあとJBCは8日に開催した倫理委員会で決定

ルイスネリを「日本でのボクシング活動を永久に停止させる」と発表しました

この事柄をJBCは悪質と判断しました

つまり永久追放です

 

ファンの間では、Monster 井上尚弥がネリ退治してくれ!と思っていた様ですが、1年間の日本禁止では試合ができないので無理ですね

でも世界のボクシング団体がペナルティを与えないと、意味がないと思いましたが、ついにWBCがネリに鉄槌を食らわしました

ルイスネリに対し「無期限資格停止」

 

WBC=世界ボクシング評議会

WBA=世界ボクシング協会

WBO=世界ボクシング機構

IBF=世界ボクシング連盟

WBCは、早速対応してくれましたね!この早くの対応は評価したいですね

しかもWBCは

「バンタム級(118ポンド、約53.5キロ)の王者が公式計量に5ポンド(約2.27キロ)も重い状況で登場することは単純に受け入れられない」とネリをバッサリ言っています

WBCはルイスネリに対し、事情聴取も行う予定だという

でもこの事情聴取もどこまで聞くのか、聞いてペナルティー等はあるのかじっくり聴取していただきたいですね

ほかのWBA,WBO,IBFの団体はこの体重オーバー問題はどうとらえているのか

それぞれ各団体がペナルティーを科すようにしないと第2第3のルイスネリが出てきてしまう

ネリのファイトマネー没収!

この試合で体重をちゃんと作らなかったルイスネリにも全額ファイトマネーが払われてしまうのか?

と思っていたが、WBC側が残りの7割を差し押さえ ストップさせました

通常はファイトマネーを一括払いするが、この興行を主催した帝拳ジムがWBC側から、今回は全額を支払わないようにWBCから指示されているという。

これは、しっかりと事情聴取して内容を検討してから罰金等のペナルティーを科すのかな

個人的には全額没収でもいいと思うが・・

それと恐らく、試合前に契約書にそのような事(体重オーバーなど)書いてしまうと

海外の選手は「やらない」って言って帰ってしまうのでは、あまり色んな制約を盛り込めないのだろうなと

でも今回のネリ選手みたいな、オーバーウエイトが2㎏以上ある選手に対しては、厳罰をしてほしい

まとめ

WBCバンタム級タイトルマッチ 山中慎介VSルイスネリの再戦は2RTKOでルイスネリが勝利していますが

その前の段階の確信犯的な計量オーバーで試合に臨んだネリに対してJBCとWBCはそれぞれ

日本では永久追放と無期限資格停止を科しました

資格停止は、ランキングから名前が消され、試合ができなくなります

一方で海外メディアもこの件に関しては憤激していて、近く他の団体からもペナルティーを科すルールができると思います

さもないと、ずるっこした選手がどんどん出てきてしまうから

一刻も早くこの「山中ルール」が各団体に統一できるよう、整備してほしい

でないと山中慎介がとても浮かばれない

引退までに追い込まれたのだから・・

デビュー戦で買ってくれたチケットは20枚。

食えない時代は、アパートの電気代が払えず、電気を止められたことまであった山中慎介

そこから這い上がり、世界チャンプ⇒12度の防衛

そんなレジェンドがこんな形で幕を閉じるなんて・・許しがたい

一刻も早くルールが整備されることがファンからの願いです

おわり

スポンサーリンク

-その他の話題

Copyright© コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。