日本と海外のボクシング世界戦を中心に年間約300試合をチェックしている、竹原・畑山世代の40代サラリーマンが、「パウンドフォーパウンド対決を見るのが好き」「誰が一番強いのかを比べるのが好き」「井上尚弥が好き」…などなど、とにかくボクシングが好き!という方たちと一緒に、ボクシングの魅力や楽しさを共有するサイトです。

コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト

パウンドフォーパウンド

マイキー・ガルシアとエロール・スペンスが対決?どっちが強い?

投稿日:

ついにPFPの対決が実現か?

ライト級王者のマイキーガルシアとウェルター級王者のエロール・スペンスとの対決が合意間近という情報がありました。

 

これはファンにとっては願ってもない対決です。どちらも全勝で、しかもパウンドフォーパウンドの選手。

 

果たしてどちらが強いのか?検証したいと思います。

スポンサーリンク

「マイキー・ガルシア」と「エロール・スペンス」究極の対決!

マイキーガルシア

 

「4階級制覇」のマイキー・ガルシアと、「メイウェザーの後継者」エロール・スペンスの対決は、ボクシングファンにとって絶対みたい対決です!

 

その対決が合意間近という事で、今から興奮してしまいますね!

 

試合時期は、来年の2月、アメリカのテキサス州で開催と言われています。

 

そもそもこの試合の発展は、マイキーガルシアが「5階級制覇」を目論んでおり、かねてからエロールスペンスとの対決を望んでいたとの事。

 

それとも減量がキツイのか??現在マイキーガルシアはライト級の王座を保持しています。

  • WBO世界フェザー級王者
  • WBO世界スーパーフェザー級王者
  • WBC世界ライト級王者(保持)
  • IBF世界スーパーライト級王者

戦績:39戦全勝 30KO

 

エロールスペンス

一方のエロール・スペンスは、あのフロイド・メイウェザーに、「自身の後継者」と言わせたボクサー。

オリンピック選手でもあり、メイウェザーのスパーリングパートナーで目にアザを作らせたという逸話もあり。

 

またスパーリングで、当時4階級制覇のエイドリアン・ブローナーをKOしてしまったというから、当時からとんでもない才能を持ったボクサーは、世界王者まで時間はかからなかった。

 

サウスポースタイルから解き放つパンチは一線級。インファイトもアウトボクシングもできる。パンチ力もハンパないし、パンチのタイミングがいいんでしょうね。KOの山を築いています。

戦績:24戦全勝 21KO

 

・IBF世界ウェルター級王者

 

KOも、ほとんどが3~8ラウンドくらいで仕留めています。(ケル・ブルック戦は11RKO)

 

しかも1ラウンドKO勝利は、全21KOのうち8試合が1R KOと言う脅威的な数字を残しています。

 

私個人的にはウェルター級最強は、クロフォードでもなくサーマンでもなく、スペンスではないかと思ってしまいます。

 

スペンスがやられるイメージがわかない・・

 

その最強のスペンスにマイキーガルシアが挑むなんて、勇敢ですね!

 

スポンサーリンク

 

マイキーガルシアとスペンスはどっちが強い?

 

現在、マイキーガルシアとエロールスペンスは、「パウンドフォーパウンド」のランキング選手。

 

一番信頼性のおける「リング誌」での順位で、マイキーガルシアが7位、エロールスペンスは9位にランクインしています。

 

関連記事:【ボクシング】パウンドフォーパウンド(PFP)史上最強は誰だ!

 

スペンスは、もう少し上のランキングでもいいかなとも思いますが、ランクインしているボクサーはそうそうたるメンバーです・・

井上尚弥が6位ですから、相当ヤバいですね。

 

気になる対戦ですが、結論は、エロールスペンスの圧勝ではないかと思います。

理由としては、マイキーガルシアは、パンチ力はあるが身長は低め(168㎝、リーチは178㎝)

 

スーパーライト級でも王者になっていますが、パワー不足感は否めなかった。しかもウェルター級で戦ったことがない。

 

一方のエロールスペンスは、178㎝とマイキーガルシアと10㎝の差。(リーチは183㎝)

 

ナチュラルウェイトのスペンスのパワーとスピードに圧倒されて早い段階でのスペンスのKOもあるのではないかとも思ってしまいます。

 

パンチのキレ、スピード、パワー、それとディフェンス・・すべてスペンスが上回っていると思います。

 

マイキーガルシアも距離を詰めて威力抜群の右ストレートを放っても、スペンスには当たらないで逆にカウンターをもらい窮地に陥るかなと個人的に思います。

 

ライト級のウェイト(61.24㎏/135ポンド)からウェルター級(66.68㎏/147ポンド)はかなりハードルが高いと思いますね。

 

今のボクシングの階級で最激戦区は、ゴロフキンやカネロのミドル級と、クロフォードやスペンスのいるウェルター級ではないかと思います。

 

ミドル級とウェルター級は「パウンドフォーパウンド」のボクサーの宝庫です。

 

そこにマイキーガルシアは挑むのですから、スペンスに勝てたら得るものがとてつもなく大きいですね。

 

まとめ

「パウンドフォーパウンド」のマイキーガルシアとエロールスペンスとの対決の合意が間近という事で、今からとても興奮しています。

 

この全勝最強同士の対決は、なかなかお目にかかれないので、どちらが勝つのだろうと勝手に予想しています。

 

個人的な意見としては、スピードとパワーに勝るスペンスが圧倒してしまうかなと予想します。

 

メイウェザーに認められたスペンスは伊達じゃない。「The Truth」 本物という通称も付いて当然ですね。

 

私はスペンスがウェルター級最強だと思っていますし、そしてパウンドフォーパウンドランキングもTOP3に入ってもおかしくなはないとも思っています。

 

なので結果は、エロールスペンスの圧勝と予想します!

 

マイキーガルシアは、同じライト級のロマチェンコと対決してほしかった・・

おわり

スポンサーリンク

-パウンドフォーパウンド

Copyright© コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト , 2018 All Rights Reserved.