各階級王者

ジャーメル・チャーロがブライアン・カスターニョに10ラウンドTKO勝利!再戦制す

4団体世界スーパーウェルター級統一戦、ジャーメル・チャーロVSブライアン・カスターニョの第二戦目(再戦)はジャーメル・チャーロのTKO勝利でした。お互いにバチバチの殴り合いの末の激闘を書いていきます

スポンサーリンク

ジャーメル・チャーロVSブライアン・カスターニョ ・再戦

前回2021/7/17のチャーロVSカスターニョの一戦は△12R判定 1-1(114-114、117-111、113-114)でドロー

そして今回再戦という事でとっても盛り上がっています。そしてどちらかが勝てば史上初のスーパーウェルター級4団体統一王者となります。

チャーロがWBA、WBC、IBF王者、カスターニョがWBO王者

簡単に両者の紹介

ジャーメル・チャーロ

本名:ジャーメル・デアバンテ・チャーロ
生年月日:1990年05月19日
国籍:米
身長180cm
リーチ:185cm
戦績:36戦34勝(18KO)1敗1分

 

【獲得タイトル】
WBC米大陸スーパーウェルター級王座
USBA全米スーパーウェルター級王座
第45代WBC世界スーパーウェルター級王座
第47代WBC世界スーパーウェルター級王座
第30代IBF世界スーパーウェルター級王座
第12代WBA世界スーパーウェルター級スーパー王座

チャーロと仲良しのウェルター級王者 スペンス

 

ブライアン・カスターニョ

本名:ブライアン・カルロス・カスターニョ
生年月日:1989年9月12日
国籍:アルゼンチン
身長:180cm
リーチ:182cm
戦績:19戦17勝(12KO)2分

 

【獲得タイトル】
2010年度南米選手権ウェルター級優勝(アマチュア)
WBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王座
WBA世界スーパーウェルター級暫定王座
第49代WBA世界スーパーウェルター級王座
第17代WBO世界スーパーウェルター級王座

スポンサーリンク

チャーロVSカスターニョ試合詳細

1ラウンド

カスターニョの声援がすスゴイ、チャーロの応援はブーイングもある

チャーロの方が大きく見えますね。どちらもオーソドックス。チャーロワンツー、チャーロ手数出てる、カスターニョも接近戦で応戦、1ラウンドからバチバチ、チャーロやや優勢、カスターニョもいい

 

2ラウンド

チャーロワンツースリーに対しカスターニョ接近戦でコンパクトに出てる。チャーロジャブで入らせない。カスターニョがじりじりと距離を詰める チャーロ優勢

 

3ラウンド

カスターニョプレッシャーかけて詰める。ガード堅い。接近戦なったらチャーロクリンチで止める
。これはチャーロの対カスターニョ対策か。ロープ際でお互いにパンチの応戦 チャーロ優勢

 

4ラウンド

チャーロボディー入る。手数はチャーロか、カスターニョ接近戦でパンチ打つがチャーロダッキングでうまく攻撃をもらわないようにしている。終了間際ロープ際で同時にカウンターが入る チャーロ優勢

5ラウンド

チャーロジャブで距離取る、カスターニョは詰めたい、チャーロワンツー入る!ロープ際でカスターニョ左右ボディーに対チャーロカウンターか、カスターニョ右ストレート入る、その後チャーロの右アッパーでカスターニョグラつく チャーロ優勢

 

スポンサーリンク

 

6ラウンド

カスターニョ接近戦で左フック、チャーロミドルレンジからワンツー、左フック、ジャブがいい。カスターニョカウンター右入る、手数多い、ラウンド週間際同時右当たる カスターニョ優勢

 

7ラウンド 

ラウンド初めは静かな立ち上がり、チャーロボディー攻撃から左ロングフックカウンター!カスターニョグラつく。カスターニョ入れなくなって来てる。カスターニョ動き鈍る チャーロ優勢

 

8ラウンド

7ラウンドのカウンターが効いているのか?後半戦はカスターニョ動き鈍る。カスターニョ詰めるがパンチが出ない、打ち終わりにチャーロ左フック狙う。チャーロ左右ボディーフックでロープ際逃げる。チャーロ優勢

 

9ラウンド

チャーロワンツーでカスターニョを近づけないロープ際でもチャーロうまく逃げる、がカスターニョ攻める。カスターニョ優勢

 

10ラウンド

開始からカスターニョ攻める。チャーロ、ロープ際さばいてディフェンス、ラウンド後半、接近戦チャーロのショートフックがカスターニョのテンプルに当たり崩れ落ちるようにダウン!

ショートフックがテンプルにヒット

かなりグラグラ。カスターニョ起き上がったがチャーロのワンツーから左ストレートでカスターニョの顎が上がる!その後に左ボディーブローで2度目のダウン!レフリーストップでチャーロ勝利!

https://twitter.com/i/status/1525690263724777472

 

スポンサーリンク

まとめ

ジャーメル・チャーロVSブライアン・カスターニョのスーパーウェルター級4団体統一戦は、10ラウンドTKOでジャーメル・チャーロがスーパーウェルター級4団体統一王者になりました。

この試合は始めからお互いバチバチに行っていて、とても見ごたえのある試合でした。ですがチャーロが7ラウンドからカウンターでパンチが入ってからチャーロペースになった気がします。

そしてガードの隙間を上手く打った左ショートフックがカスターニョのテンプルに入り万事休すでした。

年間最高試合かというくらい良い試合でした

おわり

スポンサーリンク


ボクシングランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


-各階級王者

Copyright© コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト , 2022 All Rights Reserved.