各階級王者

【ヘビー級】ワイルダーがオルティスをワンパンチKOで返り討ち!次戦は誰と?

これぞヘビー級の醍醐味!しっかりとメインイベントを盛り上げてくれました。

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ、デオンテイ・ワイルダーVSルイス・オルティスのリマッチは、ワイルダーのワンパンチKO勝利で再戦を制しました。

この興奮冷めやらぬ試合内容を書いていこうと思います。

ホントにすごかった!

スポンサーリンク

【再戦】デオンテイ・ワイルダーVSルイス・オルティス

左:ワイルダー 右:オルティス

日本時間の11月24日、WBC世界ヘビー級タイトルマッチ、デオンテイ・ワイルダーVSルイス・オルティスのリマッチが行われました。

最初の対戦は、2018/03/03 ワイルダーが10RTKOで勝利しましたが、前回の試合は、ワイルダーが打たれて、あともう少しでレフリーストップがかかるというところまで追い込まれましたので、今回はどんな対策を考えているのか?

またオルティスの方もあともう少しで世界王者でしたが、「ガス欠」でTKO。

あらたにコンディショニングコーチも入れてスタミナ対策も問題ないと思います。

お互いに手の内を分かっているので、どんな試合になるかとても楽しみでした!

 

デオンテイ・ワイルダー

1985年10月22日/34歳

身長:201センチ/リーチ211センチ

戦績:42戦41勝(40KO)1分 KO率95%

 

ルイス・オルティス

1979年3月29日/40歳

身長:193センチ/リーチ198センチ

戦績:34戦31勝(26KO)1敗2無効試合 KO率76%

 

勝利オッズは?

オッズはというと、9対2でワイルダー有利。(前回対戦も11対4)

いつもの何かしらのコスチュームで入場するワイルダー

試合内容詳細

第1ラウンド

お互いにけん制しあっていて静かな立ち上がり、オーソドックス構えのワイルダーに対しサウスポーのオルティス。

お互いジャブのけん制で動かないが、オルティスのノーモーションの左がワイルダーの顔面にヒット!

このラウンドオルティス優勢。あっという間の3分間でした!

第2ラウンド

このラウンドもオルティス優勢、右ジャブから左ストレートがワイルダーのボディや浅いが顔面に当たりだしている。

ワイルダーは威力抜群の右ストレートを見せるも、逆にオルティスのカウンターに合ってしまう。

この辺はオルティスがワイルダー対策を考えて、十分に攻撃パターンを準備している。

第3ラウンド

このラウンドもオルティス優勢。右からのリードジャブから左ストレートをボディ、顔面に、またワイルダーの右に合わせて左カウンターも合わせる。この辺りは前回とは違う戦法です。

第4ラウンド

このラウンドもオルティス優勢。引き続きジャブからリズムをとり左カウンターを当てようと試みる。

ここまではお互いおおきな見せ場はなく、静かに時間が過ぎていく。

第5ラウンド

このラウンドもオルティス優勢。ワイルダーは狙いすぎているのか?それともオルティスのカウンターを警戒して右を出せずにいるのか?

ワイルダー右ストレートを放つがオルティスが交わしてカウンターを当てる。この繰り返しでここまできています。オルティスはスタミナ面もバッチリ。息が切れてない、前回の反省も踏まえてあまり行き過ぎていない。

オルティスは勝ちに徹することができるか?

第6ラウンド

このラウンドもオルティス優勢。ここまでオルティスのフルマークではないか?

ワイルダーもリングを回りながらストレートを外から内から打っていて変化をつける。ワイルダー右ストレート放つもオルティスがしっかりガード。

オルティスのワイルダー対策が功を奏してワイルダーの見せ場がない。

第7ラウンド

このラウンドもオルティス優勢だが、このラウンドからワイルダーのパンチが右ストレートに加えて右フックも見せ、左ボディーも放ち、徐々にワイルダーの攻撃にエンジンがかかる。

ワイルダーはこのラウンドから距離感があってきて、打てる距離になってきたという。

そしてロープ際に追い込んでワイルダーの渾身の右ストレート!

ワイルダーの右がオルティスのガードの内側を通り顔面にヒットでオルティス仰向けになりダウン!これは効いている!!

そしてレフリーがカウントを数えるが、オルティス立てることができず試合終了!

 

 

この試合初めての顔面のワンパンチがKOパンチとなりました。オルティスはここまで完璧に有利に試合を進めていましたが、たった1発のパンチに泣きました。

なんてことだ・・・ワイルダーがここまで劣勢で、たった「1発のパンチ」で逆転KO勝利するというヘビー級ならではの、ワイルダーだからできる試合ですね。

今回のKOパンチも付箋を張っていて、はじめから右を打ってしまうと軌道もわかるし、防がれてしまうので、右ストレートを内側から打ってみたり、外側から打ってみたり、フックを打ったりして軌道を読みずらくしたらしい。

そして距離感があってきたら「待ってました」と言わんばかりに最短距離での右ストレートを放つ。

ワイルダーはこの右の「当て感」が素晴らしい。でないと95%のKO率はできません。

試合中は野性味あふれ荒々しいですが、緻密な計算も入れているクレバーなワイルダー。

普段は真面目なワイルダーらしいです、ちょっと好感持てますね!

これだからヘビー級は人気があるのですね。たったワンパンチで形勢逆転できるから、観客も興奮しますよね!

 

ファイトマネーは?

今回のファイトマネーもESPNによれば、最低でもワイルダーは2000万ドル(約21億7273万円)、オルティスは700万ドル(約7億6045万円)を手にするという。

PPVはおそらく50万件は超えるでしょう。

ルイスネリの体重オーバーで中止になったエマニュエル・ロドリゲスのファイトマネーが今回700万~800万円・・

もちろんメインイベントと前座での差はあるが、軽量級とヘビー級の格差は以前とありますね。

スポンサーリンク

ワイルダーの次戦は誰と戦うのか?

今回オルティスのリマッチを退けて、残すはこれも前回ドロー決着に終わったタイソン・ヒューリー戦でしょうか?

タイソン・ヒューリー戦を退けたら今度は統一戦に臨みたいという。

ジョシュア対アンディ・ルイス戦のリマッチも大変面白いです。

現在WBC王者はワイルダーでWBA、WBO、IBF王者が、アンソニー・ジョシュアに対し「正規の番狂わせ」を体現したアンディ・ルイス。

ジョシュア対ルイス戦の勝者がワイルダーと対戦と言う仕組みですね。

ここで4団体統一王者が決まります。

ところで、デオンテイ・ワイルダーは「パウンド・フォー・パウンド」にはランキングしないのかな?と思いますが。

個人的には、ワイルダーが4団体統一王者になれば、パウンドフォーパウンドに入ってほしいなと思います。

細かい技術は別として、あの「ワンパンチKO」はパウンドフォーパウンドに入っても不思議ではないかなと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ、デオンテイ・ワイルダーVSルイス・オルティスの試合は、劣勢だったワイルダーが渾身の右ストレート一発でオルティスをKO!

見事に10回目の防衛を果たしました。

ヘビー級の10連続の防衛と言うのは、あのマイク・タイソンを抜き、モハメド・アリに並びました。

「ワンパンチ」で勝利を呼び込んでしまうワイルダーに見えますが、実は緻密な作戦でKOを築いているという。

これからも野生児とクレバーの両面を持っているワイルダー、目が離せない!

人気のヘビー級を引っ張っていってほしい。

おわり

スポンサーリンク


ボクシングランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


-各階級王者

Copyright© コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト , 2019 All Rights Reserved.