普段の何気ない事や関心のある物について書いています

hisa’s 日常のブログ

ボクシング

WBSSボクシングバンタム級が開催予定!選手や優勝賞金や日程は?

更新日:

先日の井上尚弥VSマクドネル戦の興奮がまだ冷めてませんが、改めて井上尚弥の強さにびっくりしました

日本人最速の3階級制覇、その試合をわずか1ラウンドで決着をつけた井上尚弥の底知れぬ能力

そして井上尚弥が勝つことを条件にWBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)のオファーが来ていました

結果勝利して正式に参戦決定

バンタム級最強を決めるWBSSトーナメントに出場する選手や賞金、また日程なども探っていきたいと思います

そして井上尚弥の立ち位置も探っていきます

スポンサーリンク

WBSSバンタム級の出場選手は?

ここまで盛り上げといて中止はないと思いますが、WBSSの第二シリーズ、バンタム級が開催されようとしています

ここですでに出場が決まっていると言われている選手をご紹介します

WBAスーパーチャンピオン

ライアン・バーネット(イギリス)戦績:19戦19勝9KO

生年月日:1992年5月21日

身長163cm、リーチ168cm、スタイルはオーソドックスタイプ

特徴:ディフェンス面が上手いなという印象を受けましたね、リゴンドーみたいな選手か?

 

IBFチャンピオン

エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦績:18戦18勝12KO

生年月日:1992年8月8日

身長168㎝

特徴:スタイルはオーソドックスタイプ。的確に堅実に左ジャブを当てていく、ガードも堅め、また大振りもしないので大崩れしないタイプ

 

WBOチャンピオン

ゾラニ・テテ(南アフリカ)戦績:30戦27勝21KO3敗

生年月日:1988年3月8日

身長173㎝:リーチ182㎝ サウスポースタイル

特徴:何と言ってもあの世界最速11秒KO勝利が印象的。長いリーチを生かしてジャブやストレートで相手をほんろう、またショートレンジのフックやアッパーアットも脅威

 

WBA正規チャンピオン

井上尚弥(日本)戦績:16戦16勝14KO

生年月日:1993年4月10日

身長:165㎝:リーチ171㎝ スタイル:ボクサーファイター

特徴:何と言っても「パウンドフォーパウンド」のランキングに入っている選手、現在7位

何をしても完璧なボクサー。攻撃、ディフェンス、スピードともにMAX値。パッキャオ2世と言われる

WBSS優勝候補

この上位4選手は決定であと4選手が追加されてトーナメント方式で戦う

ひょっとしてこの大会に、あの反則王「ルイス・ネリ」も参戦するかもしれませんね??

 

優勝賞金はおいくら?

第一回のWBSSはクルーザー級、スーパーミドル級で開催され、賞金総額が約56億円、優勝者には10億円が贈られる

第二回目はバンタム級のほかスーパーライト級とあともう一階級

その優勝賞金は400万ドル(約4億3836万円)と言われています・・

重量級に比べ軽量級はなぜ賞金が少ないのでしょうか??

ファイトマネーも重量級と比べて軽量級は少ないですからね

でもまだ具体的な額はこれからだと思いますので、誰が強いかを決めるバンタム級の大会は絶対開催してほしいですね

スポンサーリンク

開催日程はいつなの?

バンタム級の開催日程は、2018年秋ごろ

恐らく

  • 1回戦は9月で米国
  • 準決勝が12月に日本
  • 決勝が英国

と予想します

バンタム級各団体のチャンピオン同士の対戦は1回戦からはやらないと思います

更新:井上尚弥とライアンバーネットが初戦で対戦するという噂が出ています。定かではないですが・・また更新したいと思います

そうすると本番は準決勝から?日本開催とすると、メチャクチャ盛り上がりそうですね

組み合わせもまだですが、井上尚弥と誰が当たるのか、ワクワクです

バーネットとテテが主戦場とする英国が決勝の舞台と考えると、2人は同じブロックに置く組み合わせが有力かも?

とすると、井上尚弥とエマヌエル・ロドリゲスが同組か?

そこにルイス・ネリが加わったら・・ヒーローとヒールの戦いが観られるかも

優勝候補は?

大手スポーツ記者の予想ですと、「井上尚弥」がダントツで優勝候補に挙げられています

あの10年間無敗のマクドネルが手も足も出ず井上尚弥にKO負けをしてしまったので、この印象がとても強い

しかも井上尚弥がスーパーフライ級時代にオマールナルバエスに圧巻の2ラウンドKO勝ちをした事実

そのナルバエスにゾラニ・テテが挑んで見せ場を作れなかったが判定勝ちの事実

ゾラニ・テテはナルバエス戦で評価を落としました

ボクシングの本場、アメリカやイギリスでも井上尚弥VSマクドネル戦が生中継されていましたので、井上尚弥の【青天井】の戦いぶりに、一気に優勝候補大本命になってます

まとめ

WBSSバンタム級トーナメントが開催予定とあって、この乱立している世界王者が「今誰がこの階級で強いのか」がはっきりわかる戦いになると思います

トーナメントなので、選手は絶対に逃げられない!

そのトーナメントにオファーが井上尚弥に来ており、マクドネル戦後に正式参加を表明しました

各団体のチャンピオン+4名招待での8選手での戦い

まさに天下一武道会ですよ

優勝賞金は、バンタム級では4億円と言われていますが、まだわかりません

日程は2018年秋~2019年春くらいまで

その大会に井上尚弥が優勝候補の大本命になっています

「パッキャオ2世」、または「小さなゴロフキン」と言われている井上尚弥

2018年は井上尚弥の年になりそうです

とってもとっても楽しみですよ

そしてWBSSは、WOWOWしか観られないと思いますので、この激闘をWOWOWでご覧になってはいかがでしょうか?

おわり

スポンサーリンク

-ボクシング

Copyright© hisa’s 日常のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。